電力中央研究所

サイト内検索

電力中央研究所

HOME > 組織紹介 > 理事長挨拶

理事長挨拶

 私どもは、科学的に真理を探究し電気事業と社会に貢献できる技術を創出するため、1951年に創設された電気事業共同の研究機関です。以来、社会の発展を支える電気事業を技術的に支援してまいりました。東日本大震災後、日本の経済・社会はその痛手から回復しようとしておりますが、速やかな復興を目指し、引き続き私どもの有する知見を最大限に発揮していく所存です。

 電力は、皆さまの生活と経済・社会の持続的発展に不可欠です。リスクに適切に備え、設備を効果的に保全し、さらに次世代への新たな技術を提供することにより、堅固で柔軟なエネルギー需給の形成に寄与していきます。また、エネルギーの安定供給と地球環境の保全は世界共通の課題であり、広く国内外の関連機関と連携し、課題の解決にあたります。

 電力中央研究所は、物事の理の究明に誠実に取り組むとともに、研究成果を社会へ活かす工夫を怠らず、創設者である松永安左エ門の理念「産業研究は知徳の練磨であり、もって社会に貢献すべきである」を受け継いでまいります。

このページの先頭へ戻る

HOME > 組織紹介 > 理事長挨拶

Copyright (C) Central Research Institute of Electric Power Industry