電力中央研究所

サイト内検索

HOME > 組織紹介 > 組織概要 > 環境行動指針−横須賀

研究所概要

横須賀地区環境方針

 電力中央研究所は、電気事業の中央研究機関として、「地球環境問題への対応とエネルギーセキュリティの確保」を図ることを最大のミッションとし、電気事業の発展に寄与し社会へ奉仕するよう研究開発に取り組んでいます。また、事業活動の推進にあたっては、「環境に配慮した研究所運営」を経営の最重要課題の一つと位置付けています。

 横須賀地区は、電気・機械・化学・材料分野を核に環境保全に関する研究開発を積極的に推進するとともに、上記のミッションおよび経営課題のもと、以下の基本方針に基づき独自の環境マネジメントシステム(Y−EMS)を運用し、地域環境および地球環境の保全と汚染予防に努めます。


  1. 環境関連法規、条例、協定およびその他法的要求事項と横須賀地区の自主基準を順守します。
  2. 事業活動が環境に与える影響を認識し、目標を設定してこれを定期的に見直し、Y−EMSの継続的改善を図ります。
  3. 省資源、省エネルギー、リサイクル、廃棄物の削減に努めます。
  4. 地域社会の一員として、地域の環境保全活動に積極的に取り組みます。
  5. この環境方針は、横須賀地区の全従業員に周知するとともに、外部からの要請に応じて開示します。

2012年4月1日
電力中央研究所
横須賀地区総括環境管理責任者

このページの先頭へ戻る

HOME > 組織紹介 > 組織概要 > 行動指針−横須賀

Copyright (C) Central Research Institute of Electric Power Industry