HOME 地圏科学領域 地震工学領域 構造工学領域 流体科学領域 バックエンド研究センター

バックエンド研究センター

研究所のご案内
  センター長から
  バックエンド研究センターの組織
  低レベル放射性廃棄物処分技術
  高レベル放射性廃棄物処分技術
  使用済燃料貯蔵・輸送技術
研究所のご案内
研究所のご案内
 
  動画による研究紹介
研究所のご案内
研究所のご案内 
 
       
 
   
  HOMEバックエンド研究センター>概要>研究内容>低レベル放射性廃棄物処分
 
  ◇低レベル放射性廃棄物処分 
 
 
 原子力発電所の運転時および発電設備解体時に発生する放射性廃棄物を低レベル放射性廃棄物として,陸地に埋設処分することになっています。当センターでは,低レベル放射性廃棄物を安全に処分するための技術開発,特に土木工学,地質・地下水学的観点から研究を行っています。研究の推進に当たっては,国や電気事業等の国内外の機関と密接に連携し,ニーズに合ったタイムリーな成果を得て,貢献するよう心がけています(図1)。当センターでは,低レベル放射性廃棄物の処分の合理的な設計・評価および円滑な運用を支援するために,人工バリアの長期耐久性評価手法,天然バリアの調査技術の開発,特に人工バリア材料(セメント,ベントナイト)の変質メカニズムの解明,ならびに変質に伴う物性変化を評価する手法の開発を進めています。そして,当所保有の地質・地下水・微生物調査技,コンクリートが接触する岩盤のアルカリ影響評価技術を用いて,処分空洞周辺の環境条件評価方法の提案を行うために以下のような研究を実施しています。

    
画像をクリックすると、大きいサイズで表示されます

図1「低レベル放射性廃棄物処分」研究の国内外実施体制