HOME 地圏科学領域 地震工学領域 構造工学領域 流体科学領域 バックエンド研究センター

バックエンド研究センター

概要
  センター長から
  バックエンド研究センターの組織
  低レベル放射性廃棄物処分技術
  高レベル放射性廃棄物処分技術
  使用済燃料貯蔵・輸送技術
お知らせ
研究内容
 
  動画による研究紹介
研究設備
サイトマップ 
 
       
 
   
  HOMEバックエンド研究センター>概要>バックエンド研究センターの組織
 
   
バックエンド研究センターの組織      次の4つのグループから構成されます。



地質評価グループ
 当グループには、ダムを始めとした電力施設の立地・建設に関わる地質調査を経験した地質学の専門家が所属しています.高・低レベル放射性廃棄物処分に係わる地質調査・評価技術の開発を行なっており,隆起・侵食の過去の履歴,地下の地質構造・地化学環境など地層の性質を明らかにする研究を担当しています.これらの研究成果と他のグループの技術と合わせて地質調査・評価技術の体系化を進め,実証試験(処分事業への最適化)行うことを通じて、処分場候補地の選定と評価を円滑に行うことを支援する技術を蓄積しています。


物質移行評価グループ
 当グループには地下水の流れや地盤内での物質の移動を評価する専門家が所属します。放射性廃棄物の処分においては、地下水の流れの速さや向きを評価することが、処分システムの安全性を評価するために不可欠です。地下水の流れが遅いほど処分システムとして安全ですが、遅い流速は通常の方法で 測定することはできません。そこで、地下水が地盤に入ってからの時間、すなわち地下水年代を測定することによって、遅い地下水の流速や流れの大まかな経路を評価する技術の開発に取り組んでいます。また、放射性物質が地下水により運ばれる場合そのメカニズムを明らかにするとともに、地盤内で の放射性物質の移動速度や移動経路を評価するための研究に取り組んでいます。


バリア性能評価グループ
 当グループには人工バリアの専門家が所属します。放射性廃棄物の外側を包んで、放射性物質を移動しにくくしている材料のうち、粘土やコンクリートでできているものを人工バリアと呼びます。人工バリアは非常に細かい天然の粘土であるベントナイトを締固めたものやセメントが用いられます。放射性廃棄物の放射能は時間とともに減少しますが、それまでは放射性物質が漏れ出さないようにする必要があります。また、放射性物質を移動しにくくする人工バリアの性質が、廃棄物から生ずる熱や、周囲の地下水の水質によって、変化してしまう場合も考えられます。そのため、廃棄体がさらされる環境を考慮した人工バリア材料の長期的な耐久性の研究を実施しています。


輸送・貯蔵グループ
 当グループには、主に、構造工学および伝熱工学の専門家がおり、輸送貯蔵に関する課題に取り組んでおります。放射性物質の輸送では、30 年以上の長きにわたり、輸送容器の輸送規則に対する適合性を、実物大容器を用いた衝撃試験や火災試験による実証するとともに、新しい輸送容器の開発等に取り組んできました。
 また、使用済燃料の貯蔵に用いられる金属製やコンクリート製のキャスクの安全性に係わる耐震性能、除熱性能に関する研究やキャスクに飛来物が衝突した際の評価研究を行ってきました。近年では、特にキャスクの長期間の使用に備え、キャスクに使用する材料の経年変化の解明にも取り組んでいます。