HOME 地圏科学領域 地震工学領域 構造工学領域 流体科学領域 バックエンド研究センター
  研究所のご案内
  保有する技術・設備
  知財
    主要な特許
    ソフトウェア
  研究成果
  広報刊行物・イベント
  環境方針
     
     
 
   
  HOME知財/主要な特許>常時微動計測に基づく建物の健全性診断方法
  主要な特許
  常時微動計測に基づく建物の健全性診断方法
 
   
  発明の概要
  車両の通行等により励起される振動(常時微動)を利用して建物の健全性を評価する。
   
  既往の類似技術
  これまでも常時微動を利用して建物の健全性を評価しようとするこ方法が提案されているが、 従来の方法では、冷房室外機等による局部的な振動あるいは床および梁部材の部分的は振動成分を除去できないこと、 また地盤の変形が考慮されてないこと等により十分な評価精度が得られないなどの課題があった。 また、測定は風による振動の影響を除くため無風時に行う必要があることなど測定上の制約もあった。
   
  発明の特長
  本発明は以下の方法から構成されている。
 
  1. 常時微動のデータから建物特有の振動成分を抽出すること
  2. 抽出された振動から建物の振動特性を明らかにすること
  3. 建物の振動特性から建物および基礎部分の剛性をもとめること

  特に1において従来このような評価に使用されている解法モデルにMoving-Averageという概念を付加したモデル(ARMAMA)を構築し、建物の振動成分抽出の精度を向上している点に大きな特徴がある。
また、1から3で得られる、振動特性、剛性を、あらかじめ同様の方法により推定された健全時における振動特性、あるいは設計図面 により計算された振動特性と比較することにより健全性を診断することができる。
   
 
   
  活用アイデア
  本発明は比較的大きな構造物を対象として考案したものであり、同様の原理を用いることで大型機器の故障箇所の発見あるいは常時モニタリングによる故障の検知などへの適用も考えられる。
   
  特願平2002-127413
特開2003-322585