HOME 地圏科学領域 地震工学領域 構造工学領域 流体科学領域 バックエンド研究センター
  研究所のご案内
  保有する技術・設備
  知財
    主要な特許
    ソフトウェア
  研究成果
  広報刊行物・イベント
  環境方針
     
     
 
   
  HOME知財/主要な特許>地下水の微流速および流向測定装置
  主要な特許
  地下水の微流速および流向測定装置
 
   
  発明の概要
  地下水の流速および流向を測定する装置に関するもの。
   
  既往の類似技術
  これまでも地下水の流速や流向を測定するための装置が提案されている。たとえば、プロペラと取り付けた流速計をボーリング坑内に設置する方法、ラジオアイソトープをトレーサーに用いて放射能分布の変化より測定する方法などがある。しかし、前者では2cm/秒以下の小さな流速を正確に測定することは難しく、また、後者の方法では免許が必要であったり装置が高価になるという課題があった。
   
  発明の特長
  本発明はラジオアイソトープのようなトレーサーを使用することなく環境への心配のない蒸留水をトレーサーとして用い、10-2〜10-6cm/秒以下の微流速と流向を精度よく同時に測定できる。また、装置は小型であり取り扱いが容易である。
   
  本装置の測定原理の概略を以下に示す。
 
地下水の流入による電極Xと
電極Y1〜N間の電位差分布の状態変化から、
地下水の流速および流入方向を求める。
   
  活用アイデア
  岩盤中の地下水の流速・流向の測定だけでなく、間隙水圧測定との組み合わせにより透水係数の測定にも応用が利きます。また、本装置の基本原理である電位 差分布の測定方法を利用することで地下空間における種々の情報を得ることが可能であると考えます。
   
  特願昭60-287556
特公平2-46904