HOME 地圏科学領域 地震工学領域 構造工学領域 流体科学領域 バックエンド研究センター
  研究所のご案内
  保有する技術・設備
  知財
    主要な特許
    ソフトウェア
  研究成果
  広報刊行物・イベント
  環境方針
     
     
 
   
  HOME知財/主要な特許>現場業務支援システム
  主要な特許
  現場業務支援システム
 
   
  発明の概要
  長大物や危険物等の輸送を円滑に行うため、輸送現場と輸送本部との間に双方向の通 信手段を配置し通常の輸送時はもとより異常事態において現場と輸送本部との必要な情報をリアルタイムに受け渡しできるようにしたものである。このほかこのシステムを利用して現場作業者の訓練もできるようにした。
   
  既往の類似技術
  従来、現場対応、事故時対応、教育訓練は別 個に行われていることが多く、総合的に支援するシステムは存在していなかった。
   
  発明の特長
  本発明の主な特長は以下のとおりである。
 
現場作業者が装備する小型ビデオカメラ、各種センサーの情報をリアルタイムに輸送本部に送ることにより現場の状況を的確につかむことができる。
したがって、万が一異常事態が発生した場合でも本部が状況を正確に把握し、適切な対処方針を採ることができる。
現場でセンサーから収集した情報(例:放射線分布や温度分布)を、本部の計算機で演算処理し、危険区域の画像情報・テキスト情報として、現場の作業者が装着する表示端末に呈示することもできる。
VR技術により、上記の情報が蓄積された共通 データベースを用いて、きわめて現実に近い状況が3次元のCG映像として再現された教育訓練用のシステムが構築できる。
   
 
   
  活用アイデア
  実際の業務支援に使用するだけでなく、本発明に含まれる教育訓練システムを利用して、ベテランの技術継承のためe-ラーニング化して活用したり、ビルの防災訓練をPCベースの視覚+聴覚+触覚を再生する体験参加(入居者・管理者など)型のシステムで行うこともできる。
   
  特願2000-146961
特開2001-331216