電力技術研究所

HOME > 設備・ソフトウェア > ソフトウェア

汎用サージ解析プログラム(VSTL)

 回路理論では厳密に取り扱うことができない、鉄塔や建築物のような三次元的に配置された導体や、接地網のように大地内に敷設された導体を対象として、数値電磁界計算手法により高精度なサージ解析を行うことができます。大地の層構造、細線導体、直方体・平板などの導体、直方体形状の誘電体、集中定数素子(R, L, C)、落雷、避雷器、アークホーンフラッシオーバモデルを考慮することができます。波源として電圧源と電流源を配置することができ、各位置の電圧、電流、電界、磁界の計算結果が得られます。また、入力データ作成支援、電圧波形等のグラフ表示、電界・磁界分布の時間的な変化を表すアニメーション表示などの機能を有するグラフィカル・ユーザ・インターフェースを備えています。

  • 解析例
  • 送電線の雷サージ解析
  • 気中変電所母線における雷サージ解析
  • 送変電機器中の高速なサージ現象の解析
  • 配電線雷サージ解析(誘導雷直撃雷の解析)
  • 発変電所における低圧・制御ケーブルへの誘導解析
  • ビル、風車等の構造物雷撃時のサージ・誘導現象の解析

Copyright (C) Central Research Institute of Electric Power Industry