電力技術研究所

HOME > 研究成果 > 年度別研究報告書

最終更新日:2010/4/23

2005年度

報告書番号

タイトル

発行年月

主担当者

キーワード

H05015

棒状接地電極の大電流印加時の接地抵抗低減特性(3) -大電流特性と周辺土壌の電位上昇-

2006年6月

松原 広治

接地設計,過渡接地抵抗,大電流特性,接地

H05014

レーザープラズマX線源の開発に向けたX線コンバータ方式の評価

2006年10月

大石 祐嗣

レーザー,プラズマ,X線,ラジオグラフィ−,設備診断

H05013

続流遮断型アークホーンの電流遮断シミュレーションモデルの開発 -− 基本アークモデルの構築 −-

2006年6月

大高 聡也

続流遮断型アークホーン,Mayrモデル,Cassieモデル,EMTP,電力系統

H05012

プラズマを用いた放射性廃棄物の表面除染技術の開発(その6) -減圧アーク除染技術の配管形状廃棄物への適用-

2006年6月

古川 静枝

減圧アーク,表面除染,配管廃棄物,腐食生成物皮膜,プラズマ

H05011

電力流通設備を対象としたアセットマネジメント技術開発の動向調査

2006年8月

高橋 紹大

アセットマネジメント,寿命,診断,電力機器,データベース

H05010

溶融金属攪拌への超電導応用における断熱法の提案

2006年6月

笠原 奉文

交流超電導,電磁攪拌,精錬,電磁プロセッシング,超電導の産業応用

H05009

ガス絶縁開閉装置の状態診断手法の開発 -−分解ガスの蓄積による部分放電の高感度な検出法−-

2006年6月

新開 裕行

ガス絶縁開閉装置(GIS),状態依存型メンテナンス(CBM),ガス分析,診断法,寿命延伸

H05008

全固体変圧器の要素技術の開発(その4) -−AlN球状ナノ構造複合粒子を充填したエポキシ樹脂の熱伝導率と絶縁破壊強度−-

2006年5月

岩田 幹正

固体絶縁,変圧器,ナノ構造粒子,窒化アルミニウム,移行形アークプラズマ

H05007

FDTD法を用いた建築物雷撃時の内部過渡電磁界解析コードの開発 -簡易モデルを用いた解析コードの妥当性の検証-

2006年6月

立松 明芳

FDTD法,雷撃,構造物,過渡電磁界,雷保護

H05006

ナノ構造制御によるY系超電導膜の高臨界電流密度化

2006年4月

一瀬 中

高温超電導膜,YBa2Cu3Oy,ピンニングセンター,微細構造,透過電子顕微鏡

H05005

非一様磁界中の人体ばく露に関する簡易評価手法(2) -人体詳細モデルを用いた誘導電流計算による検証-

2006年5月

山崎 健一

低周波磁界,誘導電流,インピーダンス法,人体詳細モデル,ガイドライン

H05004

低騒音スパイラル線のコロナ特性評価 -酸化チタン溶射によるスパイラル線のコロナ騒音低減法-

2006年4月

宮島 清富

交流架空送電線,コロナ騒音,風音,スパイラル線,表面改質

H05003

大地帰路・導体内部インピーダンスの高精度計算アルゴリズムの開発 -― 架空送電線および相別布設地中ケーブルの線路定数計算プログラム ―-

2006年4月

野田 琢

架空送電線,地中ケーブル,線路定数,大地帰路インピーダンス,導体内部インピーダンス

H05002

60kV級超電導限流器の要素技術の開発 -−超電導体の大型化技術とエネルギー処理の向上−-

2006年1月

市川 路晴

超電導,限流器,磁気遮へい,短絡電流,酸化物超電導体

H05001

音響光学レーザ偏向器を用いた高速度撮影技術の開発 -―放電現象・衝撃波に伴う密度変化の計測および可視化―-

2005年11月

福地 哲生

レーザ干渉法,シャドウグラフ法,火花放電,レーザ絶縁破壊,衝撃波

H05

SN転移型超電導限流器の電力系統導入のための特性評価に関する研究

2007年5月

鳥居 慎治

超電導,限流器,YBCO薄膜,電力系統シミュレータ,配電系統

このページのTOPへ
Copyright (C) Central Research Institute of Electric Power Industry