石炭ガス化研究炉

外観画像
外観画像
担当部署 エネルギー技術研究所 高効率発電領域
設置場所 横須賀地区
設置時期 平成16年2月
概要
本設備は、幅広いガス化条件が達成でき、炉内ガス温度・ガス組成等の詳細計測や炉壁・熱交伝熱管への灰付着現象解明のための特殊計測機器、ガス化炉からの溶融スラグ排出状態をオンラインで監視・評価するための先進的計測システムを備えた、国内外に例のない研究用ガス化炉です。
設置の目的
数多くの機能・特殊計測機器を備えた研究用小型ガス化炉である本設備により、石炭ガス化複合発電(IGCC)の実用化・普及に必要不可欠である、ガス化炉運転信頼性の確保や炭種評価・拡大化技術の開発、低コスト化技術の開発を行います。
仕様
石炭ガス化研究炉の基本仕様
・石炭処理量:3トン/日
・炉内圧力:2MPa
・ガス化剤:空気/酸素/水蒸気
 (ガス化剤酸素濃度可変:21%〜50%)

ページトップへ