エネルギー技術研究所

HOME > 研究成果 > 研究報告書 > 分野別研究報告書

研究報告書

火力発電技術分野−火力燃料新燃焼

報告書番号

タイトル

発行年月

主担当者

キーワード

M11022

亜瀝青炭の高比率混炭運用時の燃焼特性と燃焼条件の適正化

2012年5月

中嶋 朗

亜瀝青炭、混炭燃焼、 灰中未燃分、Nox、石炭灰

M11020

微粉炭燃焼時における硫化水素生成特性の評価 −数値シミュレーションモデルの構築と実燃焼場への適用性−

2012年5月

丹野 賢二

微粉炭燃焼、硫化水素、硫化腐食、数値解析、 数値モデル

M11016

亜瀝青炭の粉砕特性評価

2012年5月

池田 道隆

粉砕、亜瀝青炭、水分含有率、ローラミル、HGI

M11013

微粉炭焚きボイラにおける灰付着性評価手法の開発 -実機灰付着環境温度の実態解明-

2012年5月

若林 信行

微粉炭焚きボイラ、灰付着、クリンカ、火炉燃焼ガス温度

M11003

微粉炭燃焼時における硫化水素生成特性の評価 −混炭燃焼が硫化水素生成におよぼす影響−

2012年5月

辻 博文

微粉炭燃焼、硫化水素、混炭燃焼、亜瀝青炭、硫黄形態

M10024

新種液体燃料のガスタービンへの適用性評価 −ジャトロファニートおよびジャトロファメチルエステルの燃焼特性−

2011年10月

橋本 望

ガスタービン、液体燃料、ジャトロファ油、メチルエステル、 燃焼特性

M10021

微粉炭燃焼時の生成灰物性に及ぼす石炭性状の影響

2011年5月

白井 裕三

微粉炭燃焼、ブレーン値、石炭灰物性、密度 、比表面積

M10020

微粉炭燃焼場での石炭灰の粒子径に及ぼす影響因子の解明

2012年2月

丹野 賢二

微粉炭燃焼、石炭灰、灰生成モデル、粒径、 CCSEM

M10015

バイオマスの高度共利用方法の開発 −粗酢液を用いた石炭燃焼・ガス化反応性の向上−

2011年7月

梶谷 史朗

バイオマス、粗酢液、石炭ガス化、石炭燃焼、触媒

M10011

新種液体燃料のガスタービンへの適用性評価 −LCO(Light Cycle Oil)の基礎燃焼特性−

2011年5月

西田 啓之

ガスタービン、液体燃料、新種燃料、燃焼特性

M09010

微粉炭燃焼時における硫化水素生成特性の評価−石炭性状が硫化水素生成に及ぼす影響−

2010年6月

荒巻 博

硫化水素、微粉炭燃焼、石炭性状、還元性雰囲気、化学平衡

M09009

CO2回収型高効率IGCCシステムにおけるガスタービン燃焼特性 −燃焼器における課題抽出と基本設計指針の検討−

2010年6月

西田 啓之

ガスタービン、IGCC、クローズドサイクル、CO2回収

M08014

新種液体燃料のガスタービンへの適用性評価 −オイルサンド改質油の基礎燃焼特性−

2009年5月

西田 啓之

ガスタービン、液体燃料、オイルサンド、新種燃料

M08004

微粉炭燃焼炉内における粒子挙動の解明 −レーザドップラ流速計を用いた粒子速度測定システムの開発および燃焼反応が粒子挙動に与える影響の解明−

2009年1月

橋本 望

レーザドップラ流速計、微粉炭燃焼、粒子速度、乱れの非等方性

M07012

新種液体燃料のガスタービンへの適用性評価 −新種液体燃料の性状とガスタービン適用への技術課題−

2008年5月

西田 啓之

ガスタービン、液体燃料、オイルサンド、バイオ燃料、新種燃料

M05014

パームメチルエステルの基礎燃焼特性

2006年5月

小沢 靖

ガスタービン、パームメチルエステル、バイオディーゼル、燃焼特性、噴霧特性

M05013

微粉炭燃焼時の灰中未燃分低減・均質化技術の開発(その2) −亜瀝青炭混炭燃焼時の検討−

2006年8月

池田 道隆

石炭灰、亜瀝青炭、灰中未燃分、混炭燃焼、NOx

M05008

石炭灰の基礎的な性状におよぼす燃焼条件および石炭性状の影響

2006年9月

小辻 敏伸

微粉炭燃焼、石炭灰、燃焼条件、石炭性状、粒子形状

M05006

微粉炭火力用石炭総合評価システムの開発(その1) −燃焼試験炉と実機の石炭灰性状の比較−

2006年9月

辻 博文

石炭灰、粒径分布、粒子密度、比表面積、粒子形状

M04004

微粉炭燃焼火炎への光学計測技術の適用と詳細火炎構造の解明

2005年3月

辻 博文

微粉炭燃焼、光学計測、レーザ・ドップラ流速計、シャドウ・ドップラ粒子解析装置、レーザ誘起蛍光

このページのTOPへ

Copyright (C) Central Research Institute of Electric Power Industry