エネルギー技術研究所

HOME > 研究成果 > 研究報告書 > 分野別研究報告書

研究報告書

新発電技術分野−革新的燃料電池発電

報告書番号

タイトル

発行年月

主担当者

キーワード

M12004

広負荷範囲におけるSOFC発電システムの高効率運用方法と特性

2013年2月

吉葉 史彦

固体酸化物形燃料電池、高効率、広負荷範囲、熱授受、ガスタービン

M10018

PEFCの加速試験における加速効果定量化手法の開発

2011年5月

麦倉 良啓

固体高分子形燃料電池、加速試験法、不純物、加速効果

M10007

金属/酸化物複合膜型電解質を適用した中温形燃料電池(4)−酸化物薄膜の燃料電池電解質への適用性−

2011年7月

浅野 浩一

中温形燃料電池、プロトン導電体、薄膜電解質、低温緻密化、電池性能

M09001

1kW級MCFCスタックの開発

2009年7月

吉川 将洋

溶融炭酸塩形燃料電池、製造技術、1kW 級スタック、高さ管理、低コストセル

M08023

金属/酸化物複合膜型電解質を適用した中温形燃料電池(3) − 電解質薄膜化法の検討 −

2009年7月

浅野 浩一

燃料電池、プロトン導電体、電解質薄膜作製、低温緻密化

M08021

燃料電池性能の温度依存性と燃料電池発電システムの発電効率試算

2009年6月

麦倉 良啓

燃料電池、発電効率の上限、性能表示式、燃料電池発電システム、温度依存性

M08010

MCFC劣化特性の長期的検証 −小形単セルによる6万時間連続運転および運転後の解体分析−

2009年3月

森田 寛

溶融炭酸塩形燃料電池、長期運転、セル寿命、劣化メカニズム

M07018

MCFC寿命予測手法の確立

2008年6月

麦倉 良啓

溶融炭酸塩形燃料電池、寿命予測、微細構造変化、燃料電池寿命予測手法

M07005

瞬低対策機能付MCFC発電システムの検討 ―MCFCの過負荷特性と過負荷耐量を利用した瞬低対策―

2007年10月

多田 安伸

溶融炭酸塩形燃料電池、系統連系、瞬低対策、過負荷運転

M07004

MCFC過負荷特性モデルの開発 −小型単セルによる短時間過負荷試験および動特性モデルの構築−

2007年8月

森田 寛

溶融炭酸塩形燃料電池、過負荷運転、過負荷耐量、瞬低対策

M07001

PEFC性能表示式の開発

2007年7月

麦倉 良啓

固体高分子形燃料電池、アノード過電圧、カソード過電圧、加圧効果、温度効果

M06011

CO2回収型高効率石炭ガス化燃料電池発電システムの熱効率

2007年6月

吉葉 史彦

石炭ガス化、燃料電池、高効率発電、酸素燃焼、CO2回収

M06010

金属/酸化物複合膜型電解質を適用した中温形燃料電池(2)− Pd緻密膜のアノード適用性評価 −

2007年5月

浅野 浩一

燃料電池、プロトン導電体、水素透過膜、複合膜

M05019

酸素利用MCFC発電システムの運用特性と熱効率解析 −1MW級システムの構成と運用特性−

2006年5月

吉葉 史彦

溶融炭酸塩形燃料電池、酸素利用形、高効率発電、スタック温度調整、部分負荷特性

M05007

MCFCスタック寿命予測手法の開発

2006年5月

麦倉 良啓

溶融炭酸塩形燃料電池、スタック、電解質損耗、寿命予測、寿命延伸

M04014

金属/酸化物複合膜型電解質を適用した中温形燃料電池 −Pd/BaCeO3適用による電池性能の向上−

2005年9月

浅野 浩一

燃料電池、プロトン導電体、水素透過膜、複合膜、BaCeO3

M04013

高温形燃料電池の現状の性能評価および適用可能性調査

2005年8月

麦倉 良啓

溶融炭酸塩形燃料電池、固体酸化物形燃料電池、発電効率、不純物、プラントシステム

M04010

超高効率MCFC-GTハイブリッドシステムの提案

2006年5月

幸田 栄一

溶融炭酸塩形燃料電池、ガスタービン、ハイブリッドシステム、熱効率、二酸化炭素回収

M02

MCFCへの不純物の影響

2005年9月

河瀬 誠

溶融炭酸塩形燃料電池、燃料ガス多様化、石炭ガス、バイオマス、不純物ガス

このページのTOPへ

Copyright (C) Central Research Institute of Electric Power Industry