エネルギー技術研究所

HOME > 研究成果 > 研究報告書 > 分野別研究報告書

研究報告書

その他分野−先端技術

報告書番号

タイトル

発行年月

主担当者

キーワード

M11012

放射光による高度評価技術の開発 -極微量な物質の化学形態特定ならびに高速XAFS分析-

2012年4月

山本 融

微量物質、SPring-8、放射光X線、XAFS分析

M11008

揮発性有機化合物分解触媒の開発 −有機シリコーン化合物の影響把握−

2012年4月

栃原 義久

揮発性有機化合物、 酸化セリウム、有機シリコーン化合物

M09012

揮発性有機化合物分解触媒の開発−CeO2触媒の臭気成分への適用−

2010年6月

栃原 義久

揮発性有機化合物、環境規制、酸化セリウム、臭気、昇温脱離法

M08020

DME利用型脱水プロセスの試作機による石炭脱水特性の解明

2009年5月

神田 英輝

ジメチルエーテル、脱水、高水分炭、試作機、省エネルギー

M08016

石炭ガス化スラグ超軽量発泡体の屋上緑化資材への適用性評価と製造コストの検討

2009年5月

沖 裕壮

石炭ガス化、スラグ、有効利用、黒曜石パーライト、コスト評価

M08013

石炭灰ゼオライトの低コスト製造技術の開発 ―半乾式合成法による基本製造条件の確立と製造コストの試算―

2009年4月

小林 誠

ゼオライト、石炭灰、チューブミル、製造コスト、陽イオン交換能

M07014

揮発性有機化合物分解触媒の開発 −CeO2モジュールの基礎特性−

2008年6月

栃原 義久

揮発性有機化合物、環境規制、CeO2

M07011

石炭ガス化スラグ有効利用に向けたスラグ発泡技術の開発−キルン焼成法の開発と黒曜石パーライト代替としての適用性評価−

2008年5月

沖 裕壮

石炭ガス化、スラグ、有効利用、人工軽量細骨材、黒曜石パーライト

M07009

抽出用液化DMEを再生利用する常温油除去プロセスの開発

2008年5月

神田 英輝

ジメチルエーテル、脱油、試作機、底質汚染物質、ポリ塩化ビフェニル

M06006

石炭ガス化スラグ有効利用に向けた発泡化技術の開発-フライアッシュ添加によるスラグ発泡性の改善-

2007年5月

沖 裕壮

石炭ガス化、スラグ、有効利用、発泡現象、フライアッシュ

M06004

液化DMEを水分抽出剤として用いる高水分炭の脱水プロセスの概念設計と所要動力の試算

2007年5月

神田 英輝

高水分炭、脱水、ジメチルエーテル、プロセス設計、所要動力

M05015

自律型発電所監視・検査ロボット技術の調査

2006年8月

森塚 秀人

ロボット、自律型、監視、検査

M05003

揮発性有機化合物分解触媒の開発/副表題:CeO2ハニカムによるトルエンの分解特性

2006年8月

栃原 義久

揮発性有機化合物、環境規制、セリア、ハニカム、トルエン

M05001

直接数値計算による超臨界伝熱現象の検討 −第2報:物性値変化による乱流渦増加生成機構−

2005年10月

橋本 克巳

自然冷媒、炭酸ガス、伝熱、超臨界流体、直接数値計算

M04005

揮発性有機化合物分解触媒の開発 -ペレット状CeO2によるベンゼンおよびトルエンの分解特性-

2005年3月

栃原 義久

揮発性有機化合物、環境規制、セリア、ベンゼン、トルエン

このページのTOPへ

Copyright (C) Central Research Institute of Electric Power Industry