エネルギー技術研究所

HOME > 研究成果 > 研究報告書 > 年度別研究報告書

研究報告書

2004年度

報告書番号

タイトル

発行年月

主担当者

キーワード

M04017

CO2ヒートポンプ用熱交換器の高性能化に関する検討 -第1報:水平平滑管内CO2蒸発熱伝達率の計測-

2005年8月

橋本 克巳

二酸化炭素、ヒートポンプ、伝熱、熱交換器、蒸発

M04016

石炭ガス中アンモニアの分解技術の検討 -ニッケル・ルテニウム担持触媒の分解特性-

2005年4月

小沢 靖

石炭ガス化複合発電、乾式ガス精製、アンモニア分解、触媒、石炭ガス化

M04015

石炭火力発電所脱硫装置におけるセレンの化学形態

2005年8月

神田 裕

微量物質、石炭火力発電、セレン、化学形態、脱硫装置

M04014

金属/酸化物複合膜型電解質を適用した中温形燃料電池 −Pd/BaCeO3適用による電池性能の向上−

2005年9月

浅野 浩一

燃料電池、プロトン導電体、水素透過膜、複合膜、BaCeO3

M04013

高温形燃料電池の現状の性能評価および適用可能性調査

2005年8月

麦倉 良啓

溶融炭酸塩形燃料電池、固体酸化物形燃料電池、発電効率、不純物、プラントシステム

M04012

液化DME脱水法による石炭脱水機構  −分子動力学による脱水挙動の把握と脱水平衡式の構築−

2005年9月

神田 英輝

低品位炭、脱水、ジメチルエーテル、分子動力学、毛管相分離

M04011

石炭ガス化反応のモデリング -第2報 高温加圧下における石炭熱分解特性の解明と初期熱分解モデル-

2005年3月

梶谷 史朗

石炭ガス化、熱分解、チャー、コーク、ガス化反応性

M04010

超高効率MCFC-GTハイブリッドシステムの提案

2006年5月

幸田 栄一

溶融炭酸塩形燃料電池、ガスタービン、ハイブリッドシステム、熱効率、二酸化炭素回収

M04009

バイオマス/廃棄物ガス化MCFC発電システム用乾式ガス精製システムの構築  −不純物除去剤の性能評価とプロセス設計−

2005年10月

小林 誠

乾式ガス精製システム、バイオマスガス化、溶融炭酸塩形燃料電池、不純物除去

M04008

廃棄物(リサイクル燃料)の高度利用に向けたガス化反応基礎特性の解明

2005年3月

梶谷 史朗

リサイクル燃料、廃棄物、ガス化、熱分解、エネルギー変換

M04007

バイオマス炭化物のガス化反応性の解明 -ガス化反応速度式の検討と籾殻炭化物のガス化反応速度解析-

2005年10月

梶谷 史朗

バイオマス、炭化、ガス化、反応速度、粒子内拡散

M04006

1300℃級ガスタービン初段動翼内部冷却の熱流動解析 -第3報 タービン翼前縁冷却流路を模擬したリブ付き三角流路の実験的検討-

2005年3月

渡辺 和徳

ガスタービン、冷却、前縁、実験

M04005

揮発性有機化合物分解触媒の開発 -ペレット状CeO2によるベンゼンおよびトルエンの分解特性-

2005年3月

栃原 義久

揮発性有機化合物、環境規制、セリア、ベンゼン、トルエン

M04004

微粉炭燃焼火炎への光学計測技術の適用と詳細火炎構造の解明

2005年3月

辻 博文

微粉炭燃焼、光学計測、レーザ・ドップラ流速計、シャドウ・ドップラ粒子解析装置、レーザ誘起蛍光

M04003

蓄熱物質探索に向けたコンピュータシミュレーションによる物性予測 -第3報 ポリマーの融解挙動と熱物性値との相関-

2005年3月

土屋 陽子

蓄熱材、コンピュータシミュレーション、融点、融解熱、分子間相互作用

M04002

ガスタービン高温部品を対象とした伝熱流動数値解析 -第6報 起動/停止時における1300℃級初段動翼温度の過渡解析-

2005年8月

高橋 俊彦

ガスタービン、動翼、温度分布、起動/停止、過渡解析

M04001

石炭ガス化炉最適運転支援システムの開発 -ガス化炉運転に対する最適化手法の検討-

2005年8月

渡邊 裕章

石炭ガス化炉、ガス化性能、運転条件、最適化、非線形計画法

M02

MCFCへの不純物の影響

2005年9月

河瀬 誠

溶融炭酸塩形燃料電池、燃料ガス多様化、石炭ガス、バイオマス、不純物ガス

M01

発電用大型ガスタービン初段動翼を対象とした温度解析技術の開発

2005年4月

渡辺 和徳

ガスタービン、計算流体力学、動翼、熱伝達、連成温度解析

このページのTOPへ

Copyright (C) Central Research Institute of Electric Power Industry