エネルギー技術研究所

HOME > 研究成果 > 研究報告書 > 年度別研究報告書

研究報告書

2007年度

報告書番号

タイトル

発行年月

主担当者

キーワード

Q07013

ガスタービン用コーティングの組織変化を用いた温度推定手法 -施工方法および基材材質の影響についての検討-

2008年7月

岡田 満利

耐食コーティング、遮熱コーティング、温度推定、組織変化、ガスタービン

M07024

バイオマス炭化ガス化技術の開発 -木質バイオマス由来タールの熱分解特性-

2008年9月

市川 和芳

バイオマス、タール、熱分解、ガス化、発電

M07023

アドバンスト高湿分空気利用ガスタービン(AHAT)の研究開発 - 3MW級検証機の開発とシステム成立性の検証 -

2008年9月

高橋 徹

AHAT、ガスタービン、高湿分空気、検証機、運転試験

M07022

バイオマス/廃棄物ガス化発電システム用乾式ガス精製システムの開発 −パイロットプラント試験による実現性の評価−

2008年10月

小林 誠

乾式ガス精製システム、バイオマスガス化高温形燃料電池発電システ、水銀除去剤、ハロゲン化物吸収剤、脱硫剤

M07021

バイオマスガス化ガス用乾式ガス精製システムの開発 −乾式ハロゲン除去プロセスの実用性検証−

2008年9月

布川 信

乾式ガス精製、ハロゲン除去プロセス、吸収剤、ガス化ガス、バイオマス/廃棄物

M07020

同時脱硫・脱ハロゲン・タール分解を目指した高温ガス精製技術の可能性

2008年6月

河瀬 誠

溶融炭酸塩、高温ガス精製、バイオマス、ガス化、脱硫

M07019

SPring-8を用いた微量な物質の化学形態の解明(その3)−in situ XAFS分析を用いた液相反応過程にある微量金属の解析−

2008年6月

秋保 広幸

放射光、SPring-8、微量金属、XAFS分析、セレン

M07018

MCFC寿命予測手法の確立

2008年6月

麦倉 良啓

溶融炭酸塩形燃料電池、寿命予測、微細構造変化、燃料電池寿命予測手法

M07017

多成分対応乾式ガス精製システムの開発−再利用可能な吸収剤を用いた低コスト型水銀除去プロセスの提案−

2008年9月

秋保 広幸

乾式ガス精製、バイオマスガス化、水銀、吸収剤、再利用

M07015

微粉炭燃焼場の高精度数値シミュレーション手法 −RANS法、LES法と実験結果との比較−

2008年7月

渡邊 裕章

数値シミュレーション、微粉炭、燃焼、RANS、LES

M07016

石炭火力ボイラ管における耐硫化腐食コーティングの開発 II -改良複合膜の開発-

2008年6月

河瀬 誠

石炭火力、コーティング、硫化腐食、ボイラ蒸発管

M07014

揮発性有機化合物分解触媒の開発 −CeO2モジュールの基礎特性−

2008年6月

栃原 義久

揮発性有機化合物、環境規制、CeO2

M07013

液化DME脱水技術の氷点下での凍結固体燃料脱水への適応性評価

2008年5月

神田 英輝

ジメチルエーテル、脱水、凍結石炭、氷点下、寒冷地

M07012

新種液体燃料のガスタービンへの適用性評価 −新種液体燃料の性状とガスタービン適用への技術課題−

2008年5月

西田 啓之

ガスタービン、液体燃料、オイルサンド、バイオ燃料、新種燃料

M07011

石炭ガス化スラグ有効利用に向けたスラグ発泡技術の開発−キルン焼成法の開発と黒曜石パーライト代替としての適用性評価−

2008年5月

沖 裕壮

石炭ガス化、スラグ、有効利用、人工軽量細骨材、黒曜石パーライト

M07010

静翼損傷傾向管理支援システムの開発 −き裂、減肉、コーティングはく離に対応したシステム−

2008年6月

藤井 智晴

ガスタービン、高温部品、検査記録、静翼、損傷傾向管理

M07009

抽出用液化DMEを再生利用する常温油除去プロセスの開発

2008年5月

神田 英輝

ジメチルエーテル、脱油、試作機、底質汚染物質、ポリ塩化ビフェニル

M07008

ガスタービン高温部品保守最適化支援システムの開発 −コスト評価における有効性の実証−

2008年3月

藤井 智晴

火力発電、ガスタービン、高温部品、保守計画、コスト評価

M07006

火炉内における微粉炭燃焼場の数値シミュレーション(その4) - 揮発分放出挙動詳細モデルの開発 -

2007年11月

橋本 望

微粉炭燃焼、CFDシミュレーション、揮発分放出、昇温速度、フラッシュチェーンモデル

M07005

瞬低対策機能付MCFC発電システムの検討 ―MCFCの過負荷特性と過負荷耐量を利用した瞬低対策―

2007年10月

多田 安伸

溶融炭酸塩形燃料電池、系統連系、瞬低対策、過負荷運転

M07004

MCFC過負荷特性モデルの開発 −小型単セルによる短時間過負荷試験および動特性モデルの構築−

2007年8月

森田 寛

溶融炭酸塩形燃料電池、過負荷運転、過負荷耐量、瞬低対策

M07003

CO2回収型高効率石炭ガス化複合発電システムの提案とその課題

2007年10月

白井 裕三

石炭ガス化複合発電、CO2回収、クロースドガスタービン、燃料電池

M07002

国内バイオマス燃焼発電システムの現状調査・分析

2007年7月

小島 明弘

バイオマス、燃焼、発電、熱効率

M07001

PEFC性能表示式の開発

2007年7月

麦倉 良啓

固体高分子形燃料電池、アノード過電圧、カソード過電圧、加圧効果、温度効果

このページのTOPへ

Copyright (C) Central Research Institute of Electric Power Industry