バイオマスから電気をつくる - バイオマス混焼・ガス化技術  -

 バイオマスには多くの種類があって、木質系、農業系、食品残渣系、生活系、海外でつくられているバイオマスなどに分類できます。


1.
木質系としては、製材所からでる廃材、建物を壊したときに出る建築廃材、山の管理で発生する間伐材などがあります。
2.
農業系としては、お米の生産で発生する、“もみがら”や“わら”などがあります。
3.
食品残渣系としては、ジュース、コーヒー、お茶などを作るときに出る絞り粕、食品加工工場から出る汚泥や廃棄物などがあります。
4.
生活系としては、生ゴミ、廃プラ、下水汚泥などがあります。
5.
海外のバイオマスとしては、パーム椰子油やジャトロファ油の搾油滓などが代表です。

 ところで、バイオマスを使うといいことあるのでしょうか?バイオマスにはカーボンニュートラルという考え方があります。これは、バイオマスを燃やすとCO2が出ますが、木が生長するときにCO2を吸収するので、大気中のCO2は増えず、排出はゼロという考え方のことです。また、バイオマスは植林することで増やすこともできるから再生可能な大事なエネルギーと言えます。


 以前は、生ゴミなどを燃やして処理するだけでしたが、最近では燃やす時の熱を利用して電気を作っています。資源の乏しい日本にとってとても大事なことと言えます。

画像拡大

バイオマスはカーボンニュートラル


Copyright (C) Central Research Institute of Electric Power Industry