ガスタービン高温部品保守技術の高度化

 ガスタービン複合発電は熱効率が高く環境負荷が低いため、現在の火力発電の主流となっています。ガスタービンに使用される高温部品は、高温の燃焼ガスにさらされるために寿命が短く、頻繁な検査・補修を必要としています。ガスタービン複合発電所ではこれらの保守にかかわるコストの低減が重要な課題となっております。


 電中研では、

1.
数値流体解析および応力解析に基づく耐久性評価を可能にしています。図1
2.
在庫管理ならびに部品の使用計画の作成支援ソフトウエアを開発し、計画変更によるコスト低減の能率化に取り組んでいます。図2
3.
膨大な検査記録の分析ソフトウエアを開発し、き裂進展挙動の予測に取り組んでいます。図3
4.
遮熱コーティングの性能劣化の非破壊計測装置を開発し、余寿命評価の高度化に取り組んでいます。図4

図1 動翼の解析的寿命評価の流れ

Copyright (C) Central Research Institute of Electric Power Industry