財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
C16003
タイトル
需要シミュレーションツールの開発(その2) 任意地域計算のための住宅群モデルの拡張
[Title]
Development of Energy Demand Simulation Tool(No.2) Extension of the Residential Model for Calculating Any Area
概要
背景
PV・蓄電池等の普及による需要の多様化や複雑化に応じて、電力会社では配電設備
等の合理的な形成・運用が求められている。そこで当所では配電フィーダーレベルの
地域を対象とした新しい電力需給のマネジメント手法1) の確立に向け、需要家の多様
性や地域特性を考慮した需要のシミュレーションツールを開発している。これまでに、
数百-千軒規模の地域2) の住宅群を対象とし、特定地域内の用途別・時刻別の消費電力
を推定するためのモデル(従来モデルと呼ぶ) を構築した[1]。
目的
実用性を向上させるため、従来モデルの機能を拡張し、任意地域を対象とした計算を
行えるようにするとともに、計算を効率的に行うためのGUI 機能の開発を行う。
主な成果
1. 任意地域を対象とした計算を行うための従来モデルの機能拡張
地域ごとの気象条件に応じた時間ごとの空調・給湯・照明等の消費電力やPVの発電電
力を計算する機能を追加した。また当該地域と最も距離の近い拡張AMeDAS 気象デー
タ3) 地点の自動取得機能や、PV 普及率・暖房へのエアコン利用率等のデータベース化
によって、地域に応じた計算を行えるようにした(図1)。
2. GUI 機能の開発
地域に応じた条件の入力や、地域間比較等の出力結果の分析を効率的に行うため、モ
デルへの入力・出力を行うためのGUI 機能を開発した(図2)。入力部では、計算したい
任意の地域の指定と、気象条件等の各種計算条件を入力できる。また出力部は複数地域
間の年間消費電力量等の比較を行うモードと単独地域について日負荷カーブ等のより
詳細な情報を表示するモードに分かれており、用途に応じて使い分けることができる。
以上の機能拡張によって、全国任意の地域について、世帯属性や世帯数、また気象条
件や地域に応じた住宅の断熱性能等を考慮した計算が可能になった。
今後の展開
地域ごとの機器普及率や機器利用率等の入力条件のデータベースの詳細化を図ると
ともに、オフィスビル等の業務部門への拡張を行う。
[Abstract]
In this study, we aim to build a simulation tool in order to contribute to the construction of the management methods of the new power supply and demand that targets the region. In the previous report, we have developed a power consumption estimation method for residential areas.
In this report, we improved the previous model so that we can perform calculations targeting arbitrary areas. In addition, GUI tools for inputting and outputting to the model have been developed to facilitate input of conditions according to the area and analysis of output results such as interregional comparisons.
In the input section of the GUI tool, the user can input designation of an arbitrary area to be calculated and various calculation conditions such as weather conditions. Further, in order to assist the input regarding the calculation condition, a value preliminarily stored in the database, such as the point of the extended
AMeDAS closest to the area, the PV penetration rate in the area, the air conditioning utilization rate to the heating, etc., is input as the initial value.
In addition, the output section is divided into a mode that displays details such as monthly energy consumption and daily load curve about a single region, and a mode that compares annual electric energy consumption etc. between multiple regions, and depending on the application of analysis can be used properly.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2016
発行年月 [Issued Year / Month]
2017/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

上野 剛

エネルギーイノベーション創発センター 需要家サービスユニット

八太 啓行

エネルギーイノベーション創発センター 配電システムユニット

安岡 絢子

エネルギーイノベーション創発センター 需要家サービスユニット

キーワード [Keywords]
和文 英文
住宅 Residential Building
消費電力量 Electric Power Consumption
国勢調査 Census
シミュレーション Simulation
多様性 Diversity
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.