財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
EY89006
[Title]
LONG-RANGE OPTIMAL STRATEGY FOR PLUTONIUM UTILIGATION
タイトル
LONG-RANGE OPTIMAL STRATEGY FOR PLUTONIUM UTILIGATION
[Abstract]
THE PAPER ANALYZES LONG-RANGE PLUTONIUM UTILIZATION STRATEGY WITH THE FUEL-CYCLE OPTIMIZATION MODEL FCOM. THE MAIN RESULTS ARE SUMMARIZED AS FOLLOWS: (1)INTERIM STORAGE OF SPENT FUEL PROVIDES THE MOST ECONOMICAL OPTION FOR ADJUSTING PLUTONIUM SUPPLY/DEMAND,(2)THE REPROCESSING COST CONTROLS THE OPTIMUM TIMING AND SCALE OF PLUTONIUM RECYCLING IN LWRS,(3)CONDITIONS UNDER WHICH FBRS ARE CHOSEN IN THEOPTIMAL STRATEGY ARE CLASSIFIED NUMERICALLY.
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1989
発行年月 [Issued Year / Month]
1989/09
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

山地 憲治

経済研究所経済部エネルギー研究室

長野 浩司

経済研究所経済部エネルギー研究室

キーワード [Keywords]
和文 英文
PLUTONIUM UTILIGATION

FUEL-CYCLE OPTIMIZATION MODEL

LONG-RANGE STRATEGY
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.