財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
G03007
タイトル
マウスにおける低線量率長期照射の発がん抑制効果 -メチルコラントレン誘発皮下がん-
[Title]
Suppressive Effects of Chronic Low Dose Rate Irradiation on Carcinogenesis in Mice- Methylcholanthrene-Induced Skin Tumor
概要
3系統のマウスにおいて長期にわたる低線量率照射が発がん剤によるがんの発生を抑えることを検証した。ICRマウスに0.35mGy/hr、1.2mGy/hr、3.5mGy/hrの線量率で35日間照射を行い、その後右そけい部にマウスあたり0.5mgのメチルコラントレンを投与した。その後引き続き照射を行って、200日あまりにわたって発がんの経過を観察した。1.2mGy/hr照射群で非照射対照群に比べて統計学的に有意な発がん率の低下が認められた。B6C3F1系統のマウスでは、最終的な発がん率に差はなかったものの、発がん剤投与後80から120日にかけて顕著な発生の遅延が認められた。C57BL/6N系統のマウスでも、発がんの遅延と発がん率の低下の傾向が見られた。これらの結果は、低線量放射線の場合には発がんリスクが「直線仮説」から予測されるより低い可能性を示唆するものである。
[Abstract]
To examine the possibility that low dose rate irradiation would suppress the carcinogenesisFemale ICR mice, 5 week-old, 35 in each group, were exposed to gamma-rays from a 137Cs source in the long-term low dose rate irradiation facility at CRIEPI. The dose rate was 3.5 mGy/hr (A), 1.2 mGy/hr (B), or 0.35 mGy/hr (C). Thirty-five days later, the mice were injected into the groin with 0.5 mg of methylcholanthrene (MC) dissolved in olive oil and irradiation was continued. Cumulative tumor incidences after 216 days following MC injection were 89% in group A, 76% in group B, and 94% in group C. That in non-irradiated control group was 94%. The difference in the tumor incidence between the control and position B was statistically significant, indicating the suppressive effect of the low dose rate irradiation on the process of MC-induced carcinogenesis with an optimum dose rate around 1 mGy/hr. The suppressive effect was examined in B6C3F1 and C57BL/6N mice. There was a delay in appearance in the former strain, tendency of reduction in tumor incidence in the latter.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2003
発行年月 [Issued Year / Month]
2003/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

酒井 一夫

低線量放射線研究センター

岩崎 利泰

低線量放射線研究センター

星 裕子

低線量放射線研究センター

野村 崇治

低線量放射線研究センター

稲 恭宏

低線量放射線研究センター

田ノ岡 宏

電力中央研究所

小田 武

(株)ジェー・エー・シー 業務部業務課

鈴木 郁乃

(株)ジェー・エー・シー

天野 双葉

日製サービス(株)

キーワード [Keywords]
和文 英文
放射線 Ionizing Radiation
低線量率 Low dose rate
皮下がん Subcutaneous Tumor
発がん抑制 Suppression of Carcinogenesis
マウス Mouse
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.