財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Q14003
タイトル
送電鉄塔における内面腐食に対する点検技術の開発 ―第二報 減肉に対する軸対称ねじりモードのガイド波の適用性に関する検討―
[Title]
Development of inspection technology for internal corrosion on transmission tower - Part II: Applicability of guided waves of fundamental torsional wave mode to corrosion inspection -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
架空送電設備の鋼管鉄塔における腐食は環境や材料の品質に関連して発生する。非破壊検査技術は多くの産業分野において活用されており、鋼管内部の腐食は内視鏡による点検が実施されているが、多大な費用と時間を要している。本研究では磁歪センサに用い、ねじりモードのガイド波による広域スクリーニングの有効性を調査することを目的としている。速度分散性がない軸対称ねじりモードのガイド波により、亜鉛めっきが施工され、ペンキ塗装されている鋼管における局所的な腐食減肉を検知することができた。ガイド波の音速は減肉の位置同定の精度に影響する。そこで、亜鉛めっきおよびペンキの影響が音速に与える影響を半解析的有限要素法による数値解析により予測した。その結果、影響は実用上問題にならない程度であることが明らかになった。

[Abstract]
Corrosion on transmission towers is directly related to the atmospheric conditions present for the unique location of a given pole structure, as well as to the materials of manufacturing and the quality of these materials. Non-destructive testing is a technique employed in a number of different industries to verify structural integrity. Although borescopes are commonly used in the visual inspection of internal corrosion, an alternative procedure is required in terms of cost and time. In this study, magnetostrictive sensor (MsS) technology using torsional wave (T-wave) mode is discussed for long-range piping inspection of corrosion. The fundamental T-wave mode is not dispersive and, therefore, no consideration is necessary for possible dispersion effects that exist in the longitudinal wave mode. T-wave MsS could detect local material losses due to corrosion in galvanized and painted steel pipe as received. Velocity of T-wave mode varies due to galvanization and paint and it may result in errors of location measurements. Semi-analytical finite element approach for prediction of velocity dispersion curves revealed that the impact of presence of galvanization and paint on the accuracy of location measurement of refractors is practically negligible.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2014
発行年月 [Issued Year / Month]
2014/10
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

福冨 広幸

材料科学研究所 構造材料領域

馬場 義輝

材料科学研究所 構造材料領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
送電用鋼管鉄塔 Transmission Towers
内面腐食 Internal Corrosion
点検技術 Inspection Technologies
ガイド波 Guided Waves
軸対称ねじりモード Fundamental Torsional Wave Modes
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.