財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
R06024
タイトル
戸建住宅の冷暖房負荷データベースの開発
[Title]
Development of Database of Cooling and Heating Load in Detached Houses
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
家庭部門のエネルギー消費の3割を冷暖房用途が占めるため,冷暖房機器の省エネルギー対策が重要である。冷暖房負荷の実態に即した機器効率の評価や適切な機器の選択には,住宅の年間の毎時冷暖房負荷データが不可欠である。しかし,建築部材の構成や室間換気量などの詳細条件が明示され,誰でも利用可能な冷暖房負荷データは見あたらない。
本報告では,24都市別,2断熱基準別の部屋ごとの8760時間の冷暖房負荷を住宅用熱負荷計算プログラムSMASH を用いて計算し,戸建住宅の冷暖房負荷データベースを開発した。このデータベースでは,月ごと・日ごとの冷暖房負荷,ある一日の負荷,日ごと・時刻ごとの負荷持続曲線を表示でき,また,CSV形式の数値データとして出力できる。
[Abstract]
Cooling and heating energy consumption in the house accounts for 30% of the total energy consumption in the house. There is much demand in society for high-efficiency of cooling and heating equipment (HVAC). Cooling and heating loads (CHL) in the houses are critical to study high-efficiency of HVAC, because efficiency of HVAC and frequent distribution of CHL are inseparably connected. However, there is no CHL data that is clear indication of whole calculation condition and is available for everyone.

In this study, we calculated 8760 hours CHL of each room in the house which included 24 cities and 2 energy saving standard, by using SMASH. So we developed database of CHL. You can display CHL on every month and everyday, CHL curve on a day and CHL duration curve of day and hour, and you can output these CHL to CSV format data using the database.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2006
発行年月 [Issued Year / Month]
2007/08
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

占部 亘

システム技術研究所 需要家システム領域

上野 剛

システム技術研究所 需要家システム領域

宮永 俊之

システム技術研究所 需要家システム領域

上村 敏

システム技術研究所 需要家システム領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
熱負荷計算 Thermal Load Calculation
冷暖房負荷 Cooling and Heating Load
戸建住宅 Detached House
新省エネルギー基準 Energy Saving Standard 1992
次世代省エネルギー基準 Energy Saving Standard 1999
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.