財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
R15017
タイトル
電化厨房機器の連続調理時に発生する顕熱と潜熱
[Title]
Study on Sensible and Latent Heat Emission from Commercial Kitchen Equipment in Repetitive Cooking
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
電化厨房では,放熱が少なく燃焼排ガスもないため,換気量低減による省エネルギー化が期待されている。しかし,換気量が少なくなりすぎると,排気フードで取り切れなかった潜熱が厨房内に溜まり,食品衛生上問題となる結露が発生する恐れがある。本報告では,換気量低減の下限値を把握するため,茹で麺器,焼き物器,コンロ,鉄板焼き器,揚げ物器,炊飯器およびスチームコンベクションオーブンを対象として,連続調理時に発生する顕熱と潜熱を算定した。
[Abstract]
In commercial kitchen without burning cooking appliances, the electric kitchen is expected to save energy by reducing kitchen ventilation, because electric cooking appliances emit small heat and no combustion exhaust gas. However, if reducing kitchen ventilation is in excessive quantities, water vapor spilled out of ventilation hood could lead to dew condensation which might violate food hygiene. In this paper, we gure out sensible and latent heat from 7 types of the appliances in repetitive cooking, which appliances are electric noodle cookers, electric grillers, IH tables, electric griddles, electric fryers, electric rice cooker and electric steam convection ovens in order to grasp lower limit of ventilation volume.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2015
発行年月 [Issued Year / Month]
2016/07
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

占部 亘

システム技術研究所 需要家システム領域

上岡章男

ウエテック研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
業務用厨房 Commercial Kitchen
顕熱 Sensible Heat
潜熱 Latent Heat
調理 Cooking
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.