財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
T02035
タイトル
新築事務所ビルの節電・節水技術の費用対効果
[Title]
Cost Effectiveness of Electricity-Saving and Water-Saving Measures for Newly-Built Office Buildings
概要
事務所ビルを対象にした節電・節水技術の費用対効果を網羅的に評価するとともに、技術を組合せた場合の効果を明らかした。主な成果は以下のとおり。(1)延床面積の異なる三つの標準的な新築モデル事務所ビル(3,000屐10,000屐30,000屐砲鮴瀋蠅掘∪疆・節水技術30種について、技術毎の節電・節水可能量と費用対効果を評価し、その序列を明確にした。(2)延床面積10,000屬離皀妊觧務所ビルについて、節電・節水技術を組合わせた場合の節電・節水可能量、ランニングコストの削減量、建設費の増加量、単純投資回収年を評価した。技術の選択に際しては、単純投資回収年の目標を2年、3年、5年に設定し、利便性、快適性を損なう恐れのある技術は除外した。節電・節水技術を適切に組合せることにより、建設費1〜3%の増加で15〜25%の電気と30%の水を節約できる。
[Abstract]
We comprehensively evaluated the cost-effectiveness of electricity-saving and water-saving measures for office buildings. We also investigated the combination effect of the measures. The main results are as follows:(1) We assumed three newly-built model office buildings with total floor areas of 3,000m2, 10,000m2, and 30,000m2, to individually evaluate electricity-saving potential, water-saving potential, and cost-effectiveness of thirty different measures. The evaluation results provided a clear ranking of the measures.(2) For the model office building with total floor area of 10,000m2, we investigated electricity-saving potential, water-saving potential, decrease in running cost, increase in construction cost, and simple years to payback for combinations of the measures. The target of simple years to payback was set to two years, three years, and five years. The measures that might spoil convenience and comfort were removed from the choices. Adequate combinations would enable us to achieve savings of 15-25% for electricity and 30% for water with a 1-3% of increase in construction cost.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2002
発行年月 [Issued Year / Month]
2003/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

中野 幸夫

狛江研究所需要家システム部

占部 亘

狛江研究所需要家システム部

古賀登志雄

(株)電気ビル 技術部 技術計画課

濱田憲一

大成建設(株) 設計本部

和手俊明

大成建設(株) 設計本部

高橋淳一

大成建設(株) 設計本部

井上裕光

大成建設(株) 東京支店

浅利 真宏

狛江研究所需要家システム部

キーワード [Keywords]
和文 英文
事務所ビル Office building
節電 Electricity-saving
節水 Water-saving
費用対効果 Cost-effectiveness
投資回収年 Years to payback
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.