財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
V15003
タイトル
計画段階環境配慮書における動植物重要種の影響評価手法の開発−現地調査との比較にもとづく推定手法の精度検証−
[Title]
Development of effective techniques to estimate occurrence of important animal and plant species in a specific area for the planning stage of EIA - Evaluation of the accuracy of the estimating method based on standard field survey -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
電力中央研究所では、計画段階環境配慮書の手続きにおいて、事業計画地に生息・生育の可能性がある動植物の重要種を推定する手法を開発した。既開発の手法の適用上の留意点や手法改良に向けての課題を明らかにするため、標準的な現地調査の結果とどの程度一致するかについて検証を行った。周辺地域の文献調査から選定した74種のレッドデータブック掲載種を対象として、現地調査結果と推定結果との比較を行った結果、構内で記録された重要種のうち94.4%の種が生息・生育ありと正しく判定され、文献の記載情報を用いた方法に比べて高い推定精度であることが分かった。一方、生息・生育ありと推定されながら現地調査で記録されない種が多く認められたことから、推定と現地調査の結果が一致しない種と特徴を分析した。その結果、推定と現地調査か一致しなかった種には森林性の種が多く含まれており、構内の斜面林の面積が小さく断片化していることが不一致の主な原因と考えられた。生息場所の断片化などによって分布できない種まで生息・生育ありと判定してしまう問題を克服するためには、生息地の面積などの情報を用いた推定手法の改良が必要である。
[Abstract]
The accuracy of the methods for estimating animal and plant species occurrence was evaluated based on a standard field survey. The accuracy of the previously proposed method, which uses a vegetation map and our species-habitat database, was higher than that of the literature-based method, which uses on the description of habitat in the red data book. Approximately 94.4% of the red-listed species recorded in the field survey were accurately estimated using the previously proposed method. On the other hand, many species that were estimated to occur using the proposed method were not recorded in the field survey. Thus, the overall accuracy of estimates was significantly lower than what was expected. A certain number of these species were found to require a habitat with large and continuous forest, and were recorded in the forested area 2.5 km away from the survey site. The low estimation accuracy could be explained by habitat fragmentation, e.g., presence of fragmented forest around the study area. Habitat area could possibly be a factor affecting the accuracy of the method for estimating animal and plant species occurrence in a target area.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2015
発行年月 [Issued Year / Month]
2016/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

阿部 聖哉

環境科学研究所 生物環境領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
環境影響評価 Environmental Impact Assessment
レッドリスト種 Red-listed species
生息・生育環境 Habitat environment
データベース Database
植生区分 Vegetation types
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.