財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
V15004
タイトル
送電線と樹木の離隔計測への小型無人飛行機の適用性評価
[Title]
Applicability of small unmanned aerial vehicles on evaluation of tree-wire distance for transmission instruments.
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
送電線と樹木の離隔評価への小型無人飛行機を用いた3次元形状推定技術(SfMマッピング)の適用性を評価するために、実設備を対象としたSfMマッピングの実施および電線地上高を指標としたレーザー測量との比較を通して精度検証を行った。小型UAVに搭載したデジタルカメラを用いて被写体の一部が最大で80%程度オーバーラップするように上空から鉛直下向きに撮影した一連の写真画像からSfMマッピングを行った結果、樹冠及び地上高23 m および14 m 程度の送電線を3Dの点群として良好に復元することが出来た。レーザー距離計によって計測した電線地上高を真の値とした場合、UAVから送電設備を真下に見下ろす位置での解析によるRMSE は 0.14〜0.36 m 程度、安全性に配慮して斜め上空から見下ろす位置では0.15〜0.53m程度となり、地上からの見通し等の制約を受けにくい本手法は、航空機LiDARと同程度の精度で簡便に離隔を評価できると考えられる。
[Abstract]
Evaluation of tree-wire separation distance for transmission instruments is important for maintenance and requires considerable labor. Air-borne LiDAR is one of the best methods to measure the tree-wire distance but needs high cost. Small unmanned aerial vehicles (sUAVs) are becoming popular in numerous civil and research applications as a platform for the 3D modeling by SfM (structure from motion) from overlapped images in a cost- effective manner.
We estimated the distance between ground surface and powerlines of transmission instruments by simultaneous measurement by SfM mapping with sUAV and by laser ranging. The point clouds of structures and ground surface, including tree canopy, were reconstructed from overlapping images of 80% at powerline height of 23 m and 14 m a.g.l., respectively. Most thin wire radius was about 15 mm. The estimation error (RMSE) of SfM mapping to the laser ranging was 0.14 - 0.36 m when images were taken by sUAV flying right over the instrument. The result from images taken by obliquely upper position flight, considering the safety of operation, was 0.15 - 0.53 m of RMSE. SfM mapping is accepted as the practical method to estimate tree-wire separation distance, considering LiDAR's systematic error of 0.2 - 0.3 m for canopy detection.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2015
発行年月 [Issued Year / Month]
2016/02
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

中屋 耕

環境科学研究所 生物環境領域

大石 祐嗣

電力技術研究所 高エネルギー領域

鈴木 準平

環境科学研究所 水域環境領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
送電設備 Transmission instruments
離隔距離 Separation distance
樹木 Trees
SfMマッピング SfM mapping
小型UAV Small UAV
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.