財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
V15005
タイトル
送電鉄塔用鋼管の内面腐食に関わる水膜計測への赤外水分計の適用
[Title]
Application of infrared moisture analyzer to elucidate corrosion by monitoring the layer thickness of deposited water in pipes of transmission tower
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
国内に設置されている送電鉄塔のうち7割が建設から30年以上経過しており、経年鉄塔の効率的な補修・更新を可能とする維持管理手法や腐食進行予測手法が求められている。特に、鋼管鉄塔の経年劣化は部材の外面のみでなく内面から腐食する事例が多く報告されており、腐食進行予測の構築には外部環境と内部腐食との関係を解明する必要がある。そこで、水が赤外線を吸収する性質を利用したファイバ型の赤外水分計を用い、大気暴露試験を実施して鋼管内面に付着する水の膜厚と乾湿サイクルを計測した。その結果、赤外水分計は鋼管内の腐食評価に必要な長期間(350日間)の連続稼働が可能であり、付着水の膜厚は0.012〜23.9 μmの範囲で変動した。膜厚の変動は外部環境の影響が大きく、降雨、結露、付着海塩の潮解の3種の過程により鋼管内面に水が付着することを明らかにした。
[Abstract]
We proposed an evaluation method for deposited moisture to monitor the corrosion in pipe of transmission tower using infrared absorption spectrophotometry. This method used the equipped a fiber probe with infrared moisture analyzer which was previously designed for analysis of moisture in quality control of material, food, and coke. In the atmospheric corrosion testing at coastal field, for 350 days, thickness of deposited water layer and wet-dry condition inside a steel pipe were monitored using the experimental apparatus in which a fiber probe of the analyzer was installed into 400 mm by the east end of the horizontal steel pipe (4,800 x 76.3 mm). The measurements of the wet-dry condition inside the streel pipe, which corresponds to the output with atmospheric corrosion sensors, shows (1) deposited moisture was detected in the case of rain fall, dew condensation, and high relative humidity; (2) the most of water layer thickness were less than 3.0 um; (3) water layer thickness 4.0 um and above were almost detected in the case of rain fall. Furthermore, the measurements of the wet-dry condition inside the steel pipe by infrared moisture analyzer were good agreement with atmospheric corrosion sensor. Furthermore, the calculated to the amount of salt deposited inside the steel pipe from water layer thickness and relative humidity were good agreement with observation value and previous report.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2015
発行年月 [Issued Year / Month]
2016/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

正木 浩幸

環境科学研究所 環境化学領域

大原 信

環境科学研究所 大気・海洋環境領域

長沼 淳

材料科学研究所 電気化学領域

服部 康男

地球工学研究所 流体科学領域

谷 純一

材料科学研究所 電気化学領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
送電鉄塔 Transmission tower
亜鉛めっき鋼管 Galvanized carbon steel pipe
大気腐食 Atmospheric corrosion
乾湿サイクル Wet-dry condition
赤外水分計 Infrared moisture analyzer
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.