財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
V15007
タイトル
難処理性COD成分としてのNS化合物の管理技術(その2)−NS化合物分析の迅速・高感度化−
[Title]
Management technology for Nitrogen-Sulfur compounds as persistent COD components [Part 2]- Development of rapid and highly sensitive analysis method of Nitrogen-Sulfur compounds -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
火力発電所において脱硫排水の化学的酸素要求量や総窒素濃度が上昇する事象が発生し、対策に苦慮する場合がある。前報では、原因物質として疑われるNS化合物群を分析するため、イオンペアクロマトグラフィー(IPC)とイオンクロマトグラフィー(IC)を併用した分析技術を整備した。しかし、IPCは分析を開始するまでの準備に1〜2日間の長時間を要し、かつNS化合物の生成条件を精緻に調査するための実排水の分析感度が十分でない。そこで本研究では、NS化合物を迅速かつ高感度に分析可能なICの分析条件を検討し、脱硫排水中の全NS化合物種を網羅する分析条件を確立するとともに、実排水に対する適用性を確認することを目的とした。前報でICによる分析が未検討であった4種のNS化合物を対象に検討した。ICのカラムと溶離液条件を検討し、3種を分析する条件と1種を分析する条件を見出した。IPCに比べて感度は大幅に向上し、定量下限は1.7〜3.0 mg/Lであった。ICでは分析開始前の装置の安定化が1時間以内で完了し、分析完了までの時間は大幅に短縮された。IPCによる実排水分析では、ベースライン変動によりピーク検出が困難であったが、ICによる実排水分析では、安定したベースライン上にNS化合物の明確なピークが検出できた。以上より、脱硫排水中でのNS化合物生成条件の精緻な調査に必要なNS化合物種全てに対し、ICによる迅速かつ高感度な分析法が整備できた。
[Abstract]
Thermal power plants may experience problems caused by increased chemical oxygen demand (COD) and total nitrogen concentration (T-N) in flue gas desulfurization wastewater. As we reported previously, ion-pair chromatography (IPC) and ion chromatography (IC) have been used to analyze Nitrogen-Sulfur (NS) compounds, which are speculated to be the cause of increased COD and T-N. However, IPC method required 1-2 days for equilibration of the column. Furthermore, sensitivity for real wastewater samples was insufficient for detailed study of conditions of NS compounds formation. Here, we report rapid and highly sensitive analysis method for NS compounds using IC. Analytical conditions were examined for four species of NS compounds, which were previously analyzed by IPC. Selection of an appropriate column and eluent resulted in two sets of analytical conditions, one for simultaneous analysis of three species of NS compounds and the other for the fourth species. The sensitivity was improved compared with that in IPC, and the limit of quantification was estimated to be 1.7 to 3.0 mg/L. The process time was drastically shortened because equilibration of column required less than one hour. Further, peak detection in real-sample was easy with IC, as opposed to IPC.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2015
発行年月 [Issued Year / Month]
2016/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

青田 新

環境科学研究所 環境化学領域

大山 聖一

環境科学研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
排煙脱硫排水 Flue gas desulfurization wastewater
化学的酸素要求量 Chemical oxygen demand
NS化合物 Nitrogen-sulfur compounds
火力発電所 Thermal power plant
総窒素濃度 Total nitrogen concentration
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.