財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
V15009
タイトル
石炭灰中規制対象物質溶出量の簡易迅速測定法開発(その2)−汎用機材による撹拌法の開発とセレン溶出量の推定−
[Title]
Development of simple rapid determination method of hazardous substances elution from coal ash (Part 2) - Selenium elution measurement using vendor free devices-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
石炭灰溶出性判定に用いる迅速溶出試験を標準法として広く普及させるため,汎用器具を用いた迅速溶出試験法を開発し,セレンの公定法(環告46号)溶出量の予測を可能とした。汎用50 ml遠沈管を使用し,2500 rpm,オービット径4 mmの偏心振動器とジルコニアシリカボール(直径1.5 mm)を用いた撹拌により,セレンの溶出量値を精度良く(22試料の相関R~2=0.965, 予測値の標準誤差0.01 mg/L)再現できた。同様の撹拌条件下でホウ素の予測も高い精度で可能であることがわかった。開発法の粉砕仕事量は,ボールの直径と比重から算出されるAllenの終端速度と比例関係にあることから,ボールの粉砕力の指標としてAllenの終端速度が利用可能なことを示した。石炭灰微小粒子(20μm)の破壊強度測定結果から,セレンの溶出量において撹拌条件の影響を受けやすい試料は,粒子の破壊強度が小さい傾向にあることを確認した。
[Abstract]
A quick selenium leaching test procedure using the wet ball-milling (WBM method) has been developed for use in on-site screening of coal fly ash. In this report, we devise a general-purpose vortex mixer for use in the leaching test. In the optimized quick leaching procedure, a fly ash sample and zirconia-silica balls (1.5 mm in diam.) are agitated within a conical tube of 50 ml using eccentricity vibration at 2500 rpm for 90 minutes. The results predict the amount of the selenium elution of the JLT-46 batch leaching test with high correlation (R2 = 0.965). Amounts of the boron can be accurately predicted from the same leachate. In analysis of the results, high correlation is found between the comminution energy of Rittinger's law and the Allen's terminal velocity of the mixing balls.
The crushing strength of fine fly ash particles (20 micrometer in diam.) is measured using a micro-compression testing machine. The median values of the strength of 21 samples are between 60 and 803 MPa. The fly ash samples where the amount of eluted selenium shows sensitivity to variations in the stirring condition generally showed a crushing strength on the lower end of this range.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2015
発行年月 [Issued Year / Month]
2016/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

安池 慎治

環境科学研究所 環境化学領域

正木 浩幸

環境科学研究所 環境化学領域

井野場 誠治

環境科学研究所 環境化学領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
石炭灰 Coal ash
セレン Selenium
迅速溶出試験 Quick leaching test
湿式ボールミル Wet ball-milling
環境安全性 Environmental safety
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.