財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
V15010
タイトル
地熱発電開発に関する社会的動向調査
[Title]
Social trends survey on geothermal power development
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
国による2030年のエネルギーミックスにおいて、地熱発電は現状の約3倍の導入目標が掲げられた。近年、規制緩和や経済的支援により開発案件は増加傾向にある。一方、未利用地熱資源の殆どが自然公園内に偏在し、開発に反対意向を示す地域もあるため、自然環境や地域への慎重な配慮に基づく持続可能な開発が求められている。そこで、国や地方自治体の政策・法制度、受容性の最新状況を把握し、今後の課題を明らかにした。その結果、FIT対象運開事例の殆どが小規模発電所(数十〜数千kW)であるが、新規掘削を伴う場合や複数計画が近接した地域では、既存の温泉や地熱発電所との共存が課題であることが分かった。一方、大規模開発は、新たな規制緩和より自然公園内の開発可能地域が拡大されたが、電力系統への接続費用負担に伴う事業リスクが残されている。また、国では自治体連絡会や地熱理解促進事業等の取り組みが行われ、情報共有や理解向上が進んでいるが、地元調整が原因で遅延・中止の案件が複数存在し、個別地域での課題解決には十分対応できていない。従って、資源有望地域では、系統連系費用等の事業リスク低減、規模別の開発戦略や環境配慮対策が優先的課題であり、その中で地元合意が難しい地域では、地域事情に応じて相互理解や信頼を高める対応が必要である。
[Abstract]
The goal for geothermal power generation in Japan is about 1% of the electricity supply by 2030. To achieve this goal within 15 years, the installed capacity of geothermal power plants needs to increase to three times the current level. Recently, easing of regulatory requirements and economics incentives have resulted in an increase in the number of development plans and surface surveys for new geothermal power plants. The objective of this study is tracking of the legislative and social issues related to geothermal power development and to clarify the challenges for geothermal power generation. Results showed that: 1) Small-scale geothermal power plants using hot springs have received a lot of attention from hot spring inn managers and local governments since implementation of the Feed-in Tariff system. Some local municipalities have enacted new ordinances related to geothermal power plants in order to ensure careful and sustainable development. 2) The Ministry of Economy, Trade and Industry and the Ministry of the Environment have resumed economic assistance to developers and providing support through relaxation of regulations, such as issuing permits for development in national parks. However there are still business risk problems associated with power systems. 3) Some stakeholders have expressed strong opposition to the development of large-scale geothermal power plants due to concern about potential adverse effects of geothermal power generation on hot springs, landscape and natural environment. Thus, it is suggested that sustainable development strategies depending on the size of geothermal power plants, measures to reduce the business risk associated with power systems, and communication strategies are needed.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2015
発行年月 [Issued Year / Month]
2016/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

窪田 ひろみ

環境科学研究所 環境化学領域

丸山 真弘

社会経済研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
地熱発電 Geothermal power generation
法制度 Legislative system
社会的受容性 Public acceptance
動向調査 Trend survey
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.