財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
V15012
タイトル
商用周波磁界の小児白血病への影響に関する調査
[Title]
Survey of Effect of Power Frequency Magnetic Fields on Childhood Leukemia
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
わが国でも送配電線等から発生する商用周波磁界の公衆に対する規制が導入された。この規制は国際非電離放射線防護委員会のガイドラインに準じており、国外においても同様の規制が多く行われている。この規制は磁界(200μT)による神経刺激から人体を防護するためのものであるが、世界保健機関によるリスク評価にてより低い磁界レベル(0.4μT)での小児白血病への影響について科学的に未解明であり、更なる研究が必要であるとの見解が示されている。本調査報告では、商用周波磁界と小児白血病に関する最新の知見を収集し、現状分析を行うとともに、今後必要となる研究を明らかにした。その結果、依然として磁界と小児白血病に関する知見が不足しており、欧州の一部の国では小児白血病に対するプレコーション的アプローチにもとづいた極めて厳しい磁界管理の例が出てきていることが分かった。また、海外の研究プロジェクトにて、これまでの疫学で問題となっていた選択バイアスを低減した疫学研究、白血病原因遺伝子を導入したトランスジェニックマウスの開発、白血病発症メカニズムに特化した細胞研究が進められていた。今後、磁界と小児白http://dreams.denken.or.jp/DREAMS/jsp/co/co00_101_01_6.jsp#血病との関連性を明らかにするための研究として、疫学研究では選択バイアスを排除できるコホート研究や分子疫学研究、動物研究では遺伝子改変マウスやヒト化マウスなど小児白血病評価のための新規動物モデルの作製、細胞研究では小児白血病の発症メカニズムに着目した評価研究が必要であることがわかった。これらの研究の推進により、科学的に合理性のある磁界管理への貢献を目指す。
[Abstract]
Recently, the guideline by International Commission on Non-Ionizing Radiation Protection (ICNIRP) for power frequency magnetic fields (MFs) was published. While some countries in European Union (EU) introduced the stricter regulation policy which was based on precautionary approach for possible increased risk of childhood leukemia, than the guideline. It is important to reduce the scientific uncertainly of the relationship between power frequency MFs and childhood leukemia as shown in Environmental Health Criteria (EHC) 238 by World Health Organization (WHO). In this paper, we described recent knowledge of the relationship, and proposed some effective experimental approaches to clarify the relationship. The result indicated that the scientific uncertainty about the relationship, as shown in EHC 238, still remains by reviewing both the latest EU's statement by Scientific Committee on Emerging and Newly Identified Health Risks (SCENIHR) published in 2015, and recent scientific papers which did not include in SCENIHR report.. To clarify the relationship, a cohort study and molecular epidemiology should be conducted to eliminate selection bias, which can be major methodological problems in past epidemiological studies. A good animal model for evaluating development of childhood leukemia, such as transgenic mouse or humanized mouse model, should be developed. In in vitro study, a mechanism of development of childhood leukemia, such as differentiation of human B lymphocyte should be focused. The genome-wide analysis, such as transcriptome, exome and epigenetic analysis in human hematopoietic system, should be also studied. By clarifying the relationship between the MFs and the leukemia by using these novel experimental technology, we could keep the regulation for the MF based on scientific evidence but not based on the precautionary approach.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2015
発行年月 [Issued Year / Month]
2016/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

中園 聡

環境科学研究所 生物環境領域

高橋 正行

環境科学研究所 生物環境領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
商用周波磁界 Power frequency magnetic fields
健康リスク Health risk
送電線 Power line
小児白血病 Childhood leukemia
ヒト化マウス Humanized mouse
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.