財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
V15013
タイトル
水中セレンの簡易モニターの開発(その6)-脱硫排水セレン濃度の長期モニタリング-
[Title]
Development of simplified monitor for selenium in aqueous solution (Part 6)- Long-term online monitoring of selenium concentration in flue gas desulfurization wastewater -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
当所開発のオンラインセレンモニターは、セレン化水素を検知するガスセンサによって排水中のセレンを定量する。本研究では、ガスセンサの感度低下抑制策として、キャリヤガスの加湿機能をオンラインセレンモニターに搭載した(改良型セレンモニター)。改良型セレンモニターを石炭火力発電所に設置し、セレン排水処理工程の上流と下流のセレン濃度を1年間測定した。排水のセレン濃度は、排水処理上流で0.05〜1.06 mg/Lの範囲で変動し、排水処理下流ではほぼ排水基準(0.1 mg/L)以下であった。測定不良期間が3ヶ月間あったが、取得した測定値について公定法と高い相関が得られた(データ数326、決定係数r2 = 0.961)。これより、公定法と同程度の精度で排水のセレン濃度をタイムラグなしに監視できることがわかった。測定不良の原因は、センサ寿命、隔膜からの電解液の漏洩、攪拌機の動作不良、試薬の添加不良、キャリヤガス加湿装置からのガス漏洩等であった。これらの対策として動作不良を未然防止するメンテナンス方法を構築するとともに、センサ寿命の判断指標を得た。
[Abstract]
The online selenium monitor, a fully automated process monitor for aqueous selenium in desulfurization wastewaters, measures selenium concentration in process effluents with a Galvanic cell gas detector that detects hydrogen selenide. We added the function to humidify carrier gas onto the online selenium monitor, to prevent a decline in performance of the gas sensor. The improved selenium monitor was installed in a full-scale coal-fired power plant and monitored the selenium concentration in upper and lower effluents from the wastewater treatment facility for selenium. The concentration of selenium varied in the range of 0.05 and 1.06 mg/L for the upper effluent, whereas it remained almost below the effluent standard (1.0 mg/L) for the lower effluent. We had a troubled period of three months for the measurements, but An fairly good correlation (r2=0.961 for n=326) was obtained in the measurements between the selenium monitor and inductively coupled plasma atomic emission spectroscopy, which demonstrated the improved monitor serves as a useful tool for managing selenium emission in process effluents. The causes for the malfunction in measurement were due to life of a sensor, operational fraud in a stirrer and chemicals addition, gas leak from the humidifier and so on. We established a protocol for the regular maintenance to prevent operational malfunctions and criteria to evaluate the life of sensor.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2015
発行年月 [Issued Year / Month]
2016/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

大山 聖一

環境科学研究所

青田 新

環境科学研究所 環境化学領域

正木 浩幸

環境科学研究所 環境化学領域

伊達 安基

環境科学研究所 環境化学領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
セレン Selenium
オンラインモニター Online process monitor
排煙脱硫排水 Flue gas desulfurization wastewater
石炭火力発電所 Coal-fired power plant
排水管理 Wastewater management
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.