財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
V15014
タイトル
日射量予測モデルを検証するための雲の光学的厚さと散乱比率の推定法(その2)−散乱比率の観測値と推定値の比較−
[Title]
A Method of Estimating Cloud Optical Thickness and Diffuse Fraction for Validating Solar Irradiance Forecast Models (Part 2) -Comparisons of Observed and Estimated Diffuse Fractions-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
全天日射量の散乱比率を推定するための理論スキームを、長期的な観測値と推定値を比較することによって評価した。このスキームは、可視および近赤外の両波長域における太陽放射伝達モデルに基づいており、太陽天頂角、可降水量、地表面アルベドの放射効果が考慮されている。比較は、当所我孫子地区で18ヶ月間にわたって得られた日射量データに対して実施された。その結果、層状(非対流性)の雲の条件では、散乱比率が良好に再現できたが、積雲系(対流性)の雲の条件では、それほど満足に再現できなかった。後者の場合、観測された全天日射量を20〜30分で時間平均すると、推定値の誤差を減らすのに有効であった。太陽天頂角60°付近で比較したところ、月平均された散乱比率の推定値は、観測値と概ね一致していたが、観測値より少し(月ごとに0.01〜0.07)大きい傾向が見られた。
[Abstract]
A theoretical scheme to estimate the diffuse fraction of global solar radiation has been evaluated by comparing long-term observations and estimations. This scheme is based on the solar radiative transfer model for both visible and near infrared wavelength regions, in which the radiative effects of the solar zenith angle, precipitable water vapor, and the surface albedo are considered. The comparisons have been made for solar irradiance data obtained in Abiko, Japan, over 18 months. As a result, diurnal variations of diffuse fraction were reproduced rather well in conditions of stratiform (non-convective) clouds but not so satisfactorily in conditions of cumuliform (convective) clouds. For the latter case, however, temporal averaging of observed global solar radiation over 20~30 minutes was rather effective to reduce the estimation errors. From the comparisons at solar zenith angles of ~60o, estimated monthly mean diffuse fractions proved to be in reasonable agreement with observations; however, the estimations tended to be slightly (by 0.01~0.07 in each month) larger than the observations.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2015
発行年月 [Issued Year / Month]
2016/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

西澤 慶一

環境科学研究所 大気・海洋環境領域

田村 英寿

地球工学研究所 流体科学領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
太陽放射伝達 solar radiative transfer
散乱比率 diffuse fraction
太陽天頂角 solar zenith angle
季節変化 seasonal variation
波長域 wavelength region
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.