財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y02001
タイトル
放射性廃棄物処分における回収可能性
[Title]
Retrievability Concepts on Geological Disposal of Radioactive Wastes
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
西欧諸国や原子力国際機関等では、高レベル廃棄物地層処分における「回収可能性」を巡る議論が展開・進展をみせている。各国の放射性廃棄物処分計画における回収可能性の具現化については、フランスのように「可逆性」の下層概念として位置付けるもの、スウェーデンのように全面操業に入る前の実証段階において制度的位置付けるもの、フィンランドのように基本的に必要ないと考えるもの、の三つに大別して理解される。地層処分政策の実施過程においては、「回収可能性」「可逆性」「回収」という類似概念を区別して理解した上で、「回収」を要しない処分場設計について技術的に万全を期すこと、しかしその上で「回収可能性」を含む多様な要因が関与する地層処分に関する国民的議論の啓発と涵養の意義に注目すべきこと、議論の結果必要とされる限りにおいては回収可能性に関わる負担は民主主義のためのコストとして適切な配慮をすべきこと、を提唱する。
[Abstract]
The notion of 党Retrievability媒 (RT, hereafter) has attracted international attentions and debates in the course of geologic disposal of radioactive wastes, particularly high level waste (HLW). This report, with objective to contribute appropriate understanding of its technical implication and foster public discussion on the issue in a healthier manner, first summarizes recent international discussions on RT, such as IAEA, OECD/NEA or Commission for European Communities, as well as specific national studies. Through the review, the authors derive three implementing patterns of RT on national policies. Typically, RT is understood as an inferior notion to reversibility in France, or implemented institutionally in the demonstration phase prior to full-scale operation of underground repository in Sweden, while unpaid serious attentions to as unnecessary in Finland. The report concludes with implications to Japan to promote her own national program. First of all, those similar notions including RT, reversibility and retrieval should be clearly distinguished. On that basis, selective retrieval of problematic waste packages which were disposed of in geographical formation must be understood as technically impossible and thus engineering design of repository must be such that in any foreseeable circumstances retrieval will never be needed. The notion of Retrievability, however, should as yet be adequately embedded in the process of implementation while associated physical and social costs be justifiably incurred for the sake of democracy and confidence building.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2002
発行年月 [Issued Year / Month]
2002/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

長野 浩司

経済社会研究所

田邉 朋行

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
放射性廃棄物 Radioactive Waste
地層処分 Geological Disposal
回収可能性 Retrievability
可逆性 Reversibility
段階的推進 Stepwise Approach
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.