財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y05003
タイトル
産業集積は地域間格差を縮小させたのか? -−地域経済成長と経済収束に対する産業集積の影響分析−-
[Title]
Did the Industrial agglomeration reduce the regional economic disparities?
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
経済活動のサービス化、グローバル化と東アジアの経済的勃興を背景に、国内工場数が減少しており、産業誘致による地域開発手法には限界が生じている。そのため、経済産業省の「産業クラスター計画」や、文部科学省の「知的クラスター創成事業」など産業の集積効果に着目した政策立案がなされており、企業間連携とイノベーション誘発の場としての集積の役割が期待されている。そこで、本研究では当所が整備した都道府県データをもとに、地域経済成長に果たした産業集積の経済効果を検証した。分析対象とした80−90年代は地域間労働生産性格差が縮小した時期にあたる。これは、工場立地数減少と首都圏への人口純流入減少によって製造業と非製造業双方において集積の経済効果が低下したことと関連があることが明らかとなった。80−90年代に続いた首都圏への人口集中は、非製造業において高い規模の経済性を実現させ、首都圏を中心に著しい生産成長をもたらした。その一方、製造業を主たる産業基盤とする地域でも、製造業の工業集積を通じ、高い生産成長が認められた。産業構造のサービス化が全国的に進む現在において、今後地方においても、人口規模が地域経済全体にもたらす影響が高まる可能性が懸念される。
[Abstract]
In the 1990s, regions in Japan have experienced the serious economic recession. During the period, Japanese government has begun to introduce new policy that promotes the industrial agglomeration to the regions. These industrial agglomerations are called Clusters, and they are expected as a major force to drive the regional productivity growth. Agglomeration economies are generally defined as an external economy in traditional urban and regional economic theory, and are usually divided into localization economies and urbanization economies. Localization economies are the agglomeration effects that accrue to a group of firms belonging to the same sector located at the same place. Urbanization economies are the economies of agglomeration that accrue to firms across the various sectors. It is well known that these externalities have positive impacts on the productivity of firms. However, it is not clear whether agglomeration economies affect on the economic convergence. This paper examines the impact of industrial agglomeration on regional economic growth, and verifies whether the formation of industrial agglomeration contributes to the convergence of regional disparities in productivity. The result obtained using Japanese prefecture data for the 1980-2001 periods indicate that localization economies had greater effects on regional growth than urbanization economies. Furthermore, localization economies contributed to economic convergence in the manufacturing industry. In contrast, in the case of the non-manufacturing industry, localization economies contributed to increase the regional disparities in productivity. Therefore, the expansion of non-manufacturing sectors in the industrial structure can potentially create regional economic disparities.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2005
発行年月 [Issued Year / Month]
2006/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

大塚 章弘

社会経済研究所地域経済・エネルギー技術政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
産業集積 Industrial Agglomeration
地域間格差 Regional Disparities
経済成長 Economic Growth
経済収束 Economic Convergence
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.