財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y06004
タイトル
地域統合に伴う財政支出効率化に関する実証分析−規模の経済性の検証と都道府県合併に関する予備的考察−
[Title]
The Efficiency of Fiscal Expenditure by Regional Integration
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
近年,現行の中間政府として機能している都道府県制度を廃止し,新たに道州制を導入するという制度改革への機運が高まっている。電気事業にとっても,電力需要を左右する地域経済に影響を及ぼす地方制度改革に対する関心は高い。こうした地域統合は単に地方政府の行政機能の拡充だけでなく,規模拡大に伴う住民一人あたりの行政費用の低下を通じて,財政支出の節約に寄与することが期待されている。今後の道州制導入に関する議論においては,これら都道府県合併に伴う行財政効率化を前提とした地方財政制度設計のあり方が主要な論点になることが予想される。
そこで本稿では,地域統合の影響評価に関する基礎的分析として,地域統合における財政支出効率化の観点に着目し,住民の効用最大化を前提とする行政費用関数を理論的に導出するとともに,1980〜2000年の都道府県別データを用い,同費用関数を推定することによって行政費用における規模の経済性を明らかにした。その結果,首都圏を構成する一都三県(埼玉県,千葉県,東京都,神奈川県)と大阪府を除く大半の自治体において規模の経済性が存在し,地域統合によって財政支出が効率化される可能性が高いことが明らかとなった。さらに,同費用関数に基づき,地方制度調査会の「道州制のあり方に関する答申」で示された区域割り案を題材として,統合によって一国全体の財政支出が節約されるかどうかを試算した結果,都道府県合併によって形式収支が改善するのは一部の自治体に限定され,人口の集中する大都市地域では地域統合によって形式収支が悪化する傾向が強いことも明らかとなった。その結果,一国全体で見れば,現行制度のもとではどの地域区割り案が採用されたとしても地域統合によって財政支出全体を効率化させることは難しい。
[Abstract]
In recent discussion about the decentralization of the government, the introduction of new administrative scheme which is called state-system (Do-shu-sei in Japanese) is the hottest issue since the system abolishes existing prefectural governments and to integrate them to the several states for local administration. The introduction of the state-system not only change the way of local administration but also is expected as a key factor for improving the efficiency of administration cost.
The purpose of this paper has two folds. The first is to derive the expenditure function based on the utility of the resident and estimate it using Japanese prefectural database for obtaining the empirical measure of the degree of scale economies. If the scale economies exist, the consolidation of prefectures results the reduction of per capita expenditures after integration. Also, we show the efficient size of the consolidated region which minimizes the per capita expenditure of the region based on the estimates. The second is to verify the reduction effects of some integration plans provided by The 28th Local Government System Research Council.
Our results show that the economies of scale exists in the prefectures except Metropolitan are,Osaka, Aichi, Hokkaido, Hyogo, and Fukuoka, and the size of population which minimizes the per capita expenditures is about 6 millions. Using this result, and assuming the estimated expenditure function can be applied to the consolidated region, we conducted simulation analysis to verify the cost reduction effect of the suggested integration plans. The result of simulations reveals that only a few states (consolidated region) benefit from the integration and the aggregated administration cost across all states increases. As a result, the suggested regional integration does not contribute to reduce the fiscal expenditure in nationwide.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2006
発行年月 [Issued Year / Month]
2007/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

大塚 章弘

社会経済研究所 地域経済・エネルギー技術政策領域

人見 和美

社会経済研究所 地域経済・エネルギー技術政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
地域統合 Regional Integration
地方財政 Local Public Finance
規模の経済 Economies of Scale
地方交付税 Local Allocation Tax
都道府県 Prefecture
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.