財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]


ライフサイクルCO2発電量評価に対する弊所報告書Y12031、Y14018に誤記載がございました。これまで報告書のダウンロード等ご利用いただいた皆様にはご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。
本評価につきましては、2000年〜2001年に刊行した報告書Y99009とY01006、その後の技術進歩や環境条件の変化に伴う再推計を行い、刊行した報告書(2009年評価:Y09027、Y12031、Y14018)があり、いずれも多数ご利用をいただいておりました。このたび、誤記載の修正とともに2009年評価の三分冊をとりまとめ、電力中央研究所総合報告Y06「日本における発電技術のライフサイクルCO2排出量総合評価」を刊行いたしました。今後は、こちらをご利用いただきますようお願い申し上げます。


報告書番号 [Report Number]
Y09027
タイトル
日本の発電技術のライフサイクルCO2排出量評価−2009年に得られたデータを用いた再推計−
[Title]
Evaluation of Life Cycle CO2 Emissions of Power Generation Technologies: Update for State-of-the-art Plants
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
発電技術の進歩、発電プラント設計の改良、素材毎のCO2 原単位等についての2009 年時点で得られたデータに基づいて、電源別CO2 排出量の再推計を行い、最新状況の下での結果を提示することを目的として、発電技術の変化(単機容量の大型化、熱効率の改善)、素材別CO2排出原単位の改定を行い、再評価を実施した。得られた主な成果は以下のとおりである。
・2000年評価との比較では、太陽光発電で架台素材の変更(アルミニウムから鋼板)により、また原子力発電ではウラン濃縮方法の比率変化(ガス拡散法による濃縮役務の比率低下)により、LNG火力(複合)は高温化により、風力は大型化により、LC-CO2排出量はそれぞれ、29%,20%,9%,14%近く減少した。
・新技術について、LNG-CC(1,300℃級、1,500℃級)は、熱効率の向上を通じて、2000年評価で対象としたLNG-CC(従来)と比較して、LC-CO2排出量は10%もしくはそれ以上低下した。石炭火力についても、高温化による熱効率の向上を通じて、石炭(従来)と比較して600℃級のLC-CO2排出量は9%程度低下した。風力発電の単機容量の増大は、支持鉄塔や基礎部コンクリートなど物量の増大などにより、LC-CO2排出量の改善には必ずしもつながっていない
[Abstract]
When assessing pollutants'emissions per unit of power generated, life cycle analysis (LCA) is employed to address not just power plant operation but the whole range of supply chain encompassing fuel mining, processing and transportation, plant construction, and further to plant dismantling and waste treatments. Taking recent advancements and improvements in power generation technologies as well as CO2 intensity of raw materials into account, this report presents the results of re-evaluation of LC-CO2 emissions per kWh by those standard generation technologies, such as coal, oil, LNG, nuclear, hydro, geo-thermal, solar PV and wind power. Major findings are summarized as follows:
(1)The methodology was updated with emphasis on a) expansion of unit capacity in wind and nuclear power, b) advancement of thermal efficiency in LNG combined cycle (CC), and c) updated CO2 intensity of raw materials.
(2)Against our previous assessment in 2000, LC-CO2 emissions per kWh have reduced 1% - 9% for all the technologies considered, with notable exceptions of solar PV, nuclear and wind which showed around 30%, 20% and 14% reduction.
(3)Advancements in LNG-CC technology, i.e. 1,300 and 1,500 degree C types, have reduced their LC-CO2 emissions per kWh by 10% or more against the conventional LNG-CC. While the unit capacity of windmill has dramatically grown in recent years, their LC-CO2 emissions per kWh have stayed around the same level, since material requirements increase necessarily according to the scale-up.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2009
発行年月 [Issued Year / Month]
2010/07
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

今村 栄一

社会経済研究所 エネルギー技術政策領域

長野 浩司

社会経済研究所 エネルギー技術政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
ライフサイクル分析 Life-cycle Analysis
CO2排出量 CO2 Emissions
発電技術 Power Generation Technologies
発電効率 Thermal Efficiency
素材別CO2排出原単位 CO2 Intensity of Raw Materials
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.