財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y10040
タイトル
オフィスにおけるデマンドレスポンス制御試験:居室内快適性とワーカーの制御キャンセル率の分析
[Title]
A Field Experiment of Demand Response Control in Japanese Office Spaces: Analysis of Workers' Comfort and Event Cancellation
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
オフィスの空調制御に伴う温熱環境変化とワーカーの制御キャンセル率への影響,制御による削減電力を調査する。都内の2箇所のオフィス(A,B)を対象に,制御試験を行った。2010年夏平日(35日間)のうち,午前11時発表の予想最高気温が31℃を超えた日を制御日とし,3つの制御Proxy-event, Event-U, Event-Kのうち,1つを両オフィスで実施した。今回試験では、制御Event-U,K時に,制御途中で制御をキャンセルできる手段をワーカーに提供した。
-温熱環境(PMV)と制御キャンセル率の関係が両オフィスで異なっていた。これは両オフィスの元々の温熱環境に差異があったことを反映している。温熱快適性の点から見た需要家が受容可能な制御レベルが両オフィスで異なることを示す。
-推定したベースライン負荷とDR実施時の実負荷との差から,制御による削減電力を推定した(図1,図2)。Event-U,Kは,それぞれ平均で14%,27%(オフィスA), 5%,8%(同B)の電力負荷を削減した。
[Abstract]
To study the acceptance of demand response (DR) control for commercial sector, we conducted a field experiment of peak-cutting DR control of air conditioning in two office spaces, named Office-A and Office-B, located in Tokyo during 2010 summer, followed by the similar field experiment in 2009. Thermal environment of the controlled spaces and workers' comfort were also surveyed. In this experiment, workers were allowed to cancel the DR control during DR hours if the thermal environment affected their operations.
We adopted two kinds of DR control strategies in the experiment, named Event-U and Event-K, which turn up preset temperature of air conditioners to 26-27 deg C and to 28 deg C during DR hours respectively. Experiment results showed that, these two DR control strategies could reduce about 14% and 27% of peak demand for Office-A and about 5% and 8% for Office-B, respectively. The results also showed that, the adopted DR control affected thermal environment of the spaces, however, there was a difference in subjective working efficiencies and DR event cancelation rates between two office spaces. This is because the original thermal environments before the experiments were clearly different between two office spaces.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2010
発行年月 [Issued Year / Month]
2011/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

高橋 雅仁

社会経済研究所 エネルギー技術政策領域

上野 剛

システム技術研究所 需要家システム領域

高山 正俊

社会経済研究所 エネルギー技術政策領域

浅野 浩志

社会経済研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
デマンドレスポンス Demand Response
制御試験 Field Experiment
居室内快適性 Workers' Comfort
制御キャンセル Event cancellation
受容性 Customer's acceptance
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.