財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y11016
タイトル
電気料金メニューおよびスマートメーターを用いた電力需給対策に関する家庭用需要家の意向
[Title]
Residential Customers' Preferences for Electricity Supply and Demand Measures using Electricity Rate and Smart Meter
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本報告では東日本大震災後における電気料金およびスマートメーターを用いた電力需給対策に関する家庭用需要家の意向を明らかにする。北海道から九州の家庭用需要家を対象に、2011年夏季節電中の8〜9月にアンケート調査を行い節電実態等について把握した上で、節電要請終了後の同年10〜11月に今後の需給対策に関する調査を行い、以下の知見を得た。現行の時間帯別電灯を利用していない需要家のうち、1年以内に利用を検討したいと回答した需要家は4%程度と少ない。「時間帯が自分の家庭の生活に合うメニューができれば検討したい」需要家も含め利用検討意向のある需要家には節電意識が高いなどピーク電力削減の可能性のある家庭も含まれていた。また、過半数の需要家が家庭の負荷パターン情報が利用検討に参考になると評価しており、時間帯別料金の利用を促す上で負荷パターン情報の提供が一定の役割を果たすと考えられる。需給逼迫が予想される季節に、スマートメーターにより契約アンペア等の容量を引下げる対策は、現行の基本料金差額相当の対価(300円)であれば約2割の需要家が受容し、需給逼迫の可能性が高い一日に限れば、約6割が受容することがわかった。他方、一日に限っても電気料金を4倍に引き上げることを受容するのは5%に満たない。
[Abstract]
This study show residential customers' preferences towards measures for power demand reduction using electricity rate and smart meter after the Tohoku earthquake of March 11th in 2011. We conducted residential customers questionnaire survey from August to November. As the result, we found that only four percentage of residential customers could consider to choose time of use rate in one year. Over half of customers think that electricity consumption pattern in residential customers are useful for them to consider to choose TOU rate. However, We estimated that increase in percentages of customers who would consider to choose TOU rate could be about seven percent only. We also found that reduction of customers' power consumption capacity during power shortage season would be accepted by about 20 percent of customers if they could receive 300 JPY per month. 60 percent of customers would accept that capacity reduction at one day only. On the other hand, less than 5 percent of customers could accept critical peak price at one day.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2011
発行年月 [Issued Year / Month]
2012/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

後藤 久典

社会経済研究所 電気事業経営領域

蟻生 俊夫

社会経済研究所

服部 徹

社会経済研究所 電気事業経営領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
電力需給対策 Electricity supply and demand measures
家庭用需要家 Residential customer
スマートメーター Smart meter
時間帯別料金 Time of use rate
節電 Electricity conservation
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.