財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y12015
タイトル
地域別電灯・電力需要の価格弾力性の分析
[Title]
An analysis of price elasticity of electric power demand in Japanese regions
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本稿は,沖縄電力を除く電力会社9社の管内を対象として,電灯・電力需要の地域別価格弾力性の計測を試みたものである。電力各社が行っている電気料金の値上げによって,電力需要がどのように変化するかということを窺い知ることは電気事業にとって重要な経営課題である。特に,電力需要は料金変動に対して非常に非弾力的であるという考え方が,電力市場を分析する研究者の間では常識となっているため,電力需要の分析では,電力需要の価格弾力性が0.1あるいはほとんどゼロといった低い値が想定されることが多い。しかし,この根拠となっている電力需要関数の推計では,全国ベースの電力需要の価格弾力性に焦点が当てられることが多く,価格弾力性の地域間の違いを考慮した実証研究はほとんど行われていないのが実情である。
実証分析の結果,各地域における電灯需要の価格弾力性は,短期では,0.172(北海道)から0.663(北陸)の間,長期では,0.856(北海道)から1.563(北陸)の間にあり,全ての地域で低水準ではなく,地域間で差があることが明らかとなった。また,電力需要の価格弾力性においても,短期では,0.158(東京)から0.551(北陸)の間,長期では,0.353(関西)から1.427(東北)の間にあり,都市部で価格弾力性が低く,地方では価格弾力性が高いことが明らかとなった。
[Abstract]
In this study, we derivate the functions of electric power demand, and attempt to measure the price elasticity of residential, industrial and commercial demand within the nine power companies in Japan, except Okinawa Electric Power Company. As the general consensus among researchers analyzing the electric demand is that the electric power demand is extremely inelastic, the price elasticity of demand is a priori assumed to be uniformed as low as 0 or 0.1. However, there are many cases in which, based on this hypothesis, the regional differences in price elasticity are not considered during estimations of the electric demand functions.
The results of the empirical analysis reveal that the values of price elasticity of the residential demand in each region are distributed between 0.172 and 0.663 in the short term and between 0.856 and 1.563 in the long term; therefore, it is clear that price elasticity significantly varies from zero in all regions. Furthermore, since the price elasticity values of the industrial and commercial demand are between 0.158 and 0.551 in the short term and between 0.353 and 1.427 in the long term, it is apparent that these values also significantly vary from zero in all regions. Regional differences for residential demand are found, the price elasticity of Hokkaido region is smallest. Moreover, we can also confirm that price elasticity of industrial and commercial demand is smaller in urban areas and larger in rural areas. It is understood that the industrial and commercial demand positively related to the ratio of self-owned power plants. The challenges for researchers in the future are to increase the estimation accuracy and to think more deeply on the factors that generate regional differences in price elasticity.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2012
発行年月 [Issued Year / Month]
2013/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

大塚 章弘

社会経済研究所 経済・社会システム領域

田口 裕史

社会経済研究所 経済・社会システム領域

林田 元就

社会経済研究所 経済・社会システム領域

間瀬 貴之

社会経済研究所 経済・社会システム領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
電灯需要 Residential demand
電力需要 Industrial and commercial demand
価格弾力性 Price elasticity
地域間差異 Regional differences
エネルギー経済 Energy economics
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.