財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]


ライフサイクルCO2発電量評価に対する弊所報告書Y12031、Y14018に誤記載がございました。これまで報告書のダウンロード等ご利用いただいた皆様にはご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。
本評価につきましては、2000年〜2001年に刊行した報告書Y99009とY01006、その後の技術進歩や環境条件の変化に伴う再推計を行い、刊行した報告書(2009年評価:Y09027、Y12031、Y14018)があり、いずれも多数ご利用をいただいておりました。このたび、誤記載の修正とともに2009年評価の三分冊をとりまとめ、電力中央研究所総合報告Y06「日本における発電技術のライフサイクルCO2排出量総合評価」を刊行いたしました。今後は、こちらをご利用いただきますようお願い申し上げます。


報告書番号 [Report Number]
Y12031
タイトル
メガソーラー発電技術のライフサイクルCO2排出量評価
[Title]
Evaluation of Life Cycle CO2 Emission of Large-scale Grid-connected Photovoltaic Systems
概要
太陽光(PV)発電システムは、運用(発電)段階では二酸化炭素(CO2)を排出しないものの、太陽電池(PV)パネル製造時にCO2を排出するほか、施工時にCO2排出原単位の大きい建材を相当量用いる。発電技術毎の温室効果ガス排出量比較においては、発電技術のサプライチェーンの全てを評価対象範囲(システム境界)とする必要があるが、PVシステムも例外ではない。
2009年に行った評価[1]では、PVシステムについては住宅用のみを対象として検討を行ったが、2012年7月に売電用大規模PVシステムからの買い取り価格が大幅に引き上げられた結果、1MWを超えるPVシステムが複数運開している。
このため、現在商用目的での導入が進んでいる1MW、2MW、、5MWに加え10MWのPVシステムを対象にLC-CO2排出量評価を行った結果、住宅用PVシステムのLC-CO2排出量38 g-CO2/kWhに比べて、メガソーラー発電システムのLC-CO2排出量は、55〜56g-CO2/kWhとなり、住宅用PVシステムに比べてメガソーラー発電システムのLC-CO2排出量は45%〜48%高くなる。
[Abstract]
While solar photovoltaic (PV) generation systems emit no carbon dioxide (CO2) during power generation, substantial amount of CO2 is discharged during the PV panel manufacturing. Also, significant amounts of those materials with high CO2 emission factors, such as silicon, glass and aluminum, are used upon the construction. In order to perform environmental impact assessment of power generation technologies, which the PV systems are none of exception, it is essential to evaluate CO2 emissions covering the whole supply chain. In 2009, CRIEPI evaluated the life cycle CO2 (LC-CO2) emissions of major generation technologies including a PV system for households, but large-scale PV systems were excluded due to data constraints at the time. Later in July 2012, the purchase price per kWh generated by the large-scale grid-connected PV systems by utilities were pulled up sharply, which is expected to stimulate their rapid introduction. Under these circumstances, there arises an urgent need to add large-scale PV generation technology to the LC-CO2 comparative assessment.
This report evaluates LC- CO2 emissions of large-scale grid-connected PV model plants at 1MW, 2MW, 5MW and 10MW capacity to be built in Japan with detailed evaluation of material requirements, with supplementary cases of PV module panel imported from different countries.
As the main results, the LC-CO2 emissions of large-scale grid-connected PV plants turned out in the range of 55.3 to 56.3g-CO2/kWh, which are 45-48% higher than those of small scale residential systems at 38g-CO2/kWh. Larger material requirements of the
mounting components for PV modules, as well as more complicated equipment for power conditioning, of large-scale plants compared with household systems drive LC-CO2 emissions of the former to the higher levels.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2012
発行年月 [Issued Year / Month]
2013/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

今村 栄一

社会経済研究所 エネルギー技術評価領域

土屋 陽子

環境科学研究所 バイオテクノロジー領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
メガソーラー Large-scale Grid-connected PV Systems
ライフサイクル評価 Life Cycle Analysis
CO2排出量 CO2 emission
太陽電池モジュール Photovoltaic Module
排出原単位 Emission Factor
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.