財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y12032
タイトル
電中研 短期マクロ計量経済モデル 2012−財政乗数の変化と震災後の節電量の推定−
[Title]
CRIEPI Short-Run Macroecnometric Model 2012 (SMMQ 2012) -Chages in Fiscal Multipliers and Estimation of Power Demand Decline-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
世界的な金融混乱など様々な外生的ショックは日本経済に構造変化を生じさせた可能性がある.このため,直近の変化を可能な限り織り込むべく,電中研短期マクロ計量経済モデル(モデル 2012)の再推定を実施し,予測や分析に耐えうるモデルを開発する必要がある.本稿では,新モデルの予測精度や各種シミュレーション結果を紹介するとともに,林田・門多(2006)による旧モデルと比較して公共投資増加の経済効果は変化したか,東日本大震災後の「節電等による電力需要減少」はどの程度生じたかを分析した.

得られた成果は以下の通りである.(1)公共投資増加の経済効果(実質 GDP 乖離率)は,旧モデルの 0.22〜0.24 %増から新モデルの 0.16〜0.17 %増に小さくなった.(2)新旧モデルの比較より,経済効果が低下した要因は「財サービス輸入への波及効果の上昇」と「民間消費への波及効果の低下」にある.一方,「民間設備への波及効果」は上昇し,逆に経済効果を高める要因となっている.(3)新モデルの電力需要関数を用いて東日本大震災後の「節電量」を試算した.全国ベースの「節電量」は,2010 年度の需要水準を基準にして,国民各層の節電等の取り組みにより,電灯需要は 2011,2012 年度に四半期平均で約 39 億kWh,約 71 億kWh,電力需要は約 77 億kWh,約 102 億kWh の需要減が生じたと試算された.
[Abstract]
This report describes basic structure of the 2012 version of CRIEPI quarterly short-run macro-econometric model (CRIEPISMMQ), which we developed for the purpose of a short-term forecast of the Japanese economy and electricity demand. The model is a demand-oriented, traditional Keynesian-type model with IS-LM-BP framework.

With the 2012 model, we investigated changes in real GDP against 1 trillion yen increase in government investment. According to a comparison of the changes between model 2012 and 2006, the GDP deviation in real term is 0.17 % in the second year of simulation of model 2012 in contrast to 0.24 % of model 2006. This implies that the short-run fiscal multiplier in the 2000s becomes smaller in comparison with the 1990s. Based on the changes in the estimated parameters of the related behavioral equations, we found that the main causes of the multiplier decline were both the decrease in spillover effect on private consumption caused by diminishing labor's share and the increase in import elasticity with respect to domestic demand.

In addition, we have estimated the amount of saved electricity (kWh) after the Great East Japan Earthquake, based on contribution analysis using the estimated electricity demand function in our model. The estimated amount is in the range of 3.9 billion kWh per quarter in fiscal 2011 to 7.1 billion kWh per quarter (5.5 to 9.9 % of the total) in fiscal 2012 for residential use and in the range of 7.7 and 10.2 billion kWh per quarter (5.4 to 7.1 %) for commercial and industrial use, respectively.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2012
発行年月 [Issued Year / Month]
2013/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

林田 元就

社会経済研究所 経済・社会システム領域

間瀬 貴之

社会経済研究所 経済・社会システム領域

杉本 良平

社会経済研究所 経済・社会システム領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
マクロ計量経済モデル Macroeconometric Model
シミュレーション分析 Simulation Analysis
日本経済 Japanese Economy
電力需要 Electricity Demand
財政支出乗数 Fiscal Multiplier
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.