財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y13019
タイトル
欧米のスマートグリッドの費用便益分析手法とわが国への適用に向けた課題
[Title]
Issues of Estimating Costs and Benefits of Smart Grid Projects in Japan Based on the Analysis of the U.S. and Europe cases
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
近年、わが国では、スマートグリッドに関する技術検証や有効性の評価が活発に行われている。しかしながら、スマートグリッドの費用便益分析に関する研究は、技術検証等のように進んでおらず、その分析手法も国内ではほとんど行われていない。今後、スマートグリッドを本格的に事業展開していく上では、技術検証に加えて、費用や便益及びその分析手法に関する十分な知見を得ることが重要である。
欧米では、この分析手法に関する研究も進んでおり、特に、2010年に米国電力研究所(Electric Power Reserach Institute、以下EPRI)がとりまとめたアプローチ手法は、欧州委員会(European Comission)がとりまとめたガイドラインとしても取り入れられている。
本研究では、このEPRIの手法や欧州の取組に関する文献調査を行い、EPRIのスマートグリッドの捉え方、概念、手法の基本的な枠組及び特徴等を明らかにした。また、今回の調査を通じて、このような欧米のスマートグリッドの費用便益分析の手法をわが国に適用する場合の示唆を得るとともに課題を抽出した。
[Abstract]
Recently, the technical verification and the evaluation of applicability of Smart Grid projects have been actively performed in Japan. However, the methodologies of the cost - benefit analysis of Smart Grid projects have not made progresses in Japan. Therefore, it is important to acquire knowledge of the cost - benefit analysis of Smart Grid projects already undertaken. The research of cost - benefit analysis has been actively conducted in the U.S. and Europe. Especially, the approach proposed by the Electric Power Research Institute (EPRI) in 2010 was adopted by the European Commission as a guideline for conducting analyses in Europe. We explored EPRI's approach in detail to identify its features and assessed applicability of its concept and methodological framework to the Smart Grid projects in Japan. Based on our assessment, we suggest that EPRI's concept and methodological framework seem to be partially applicable for the cost - benefit analysis of Smart Grid projects in Japan. We also found some needs for clarification and modification of the approach, if it were to be applied. Namely, we have to refine the relationship between Smart Grid assets and their attributed functions by taking the actual conditions in Japan into consideration, since there are differences in the asset formation, for example, the diffusion rate of automated feeder switches between Japan and the U.S. We also need to refine the relationship between the functions and their benefits. Furthermore, we also need to formulate the appropriate monetary valuation of the benefits in our Smart Grid projects.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2013
発行年月 [Issued Year / Month]
2014/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

河村 清紀

社会経済研究所 エネルギー技術評価領域

服部 徹

社会経済研究所 電気事業経営領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
スマートグリッド Smart Grid
費用便益分析 Cost-Benefit Analysis
米国 The United States of America
欧州 Europe
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.