財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y13020
タイトル
ハイブリッドアプローチに基づく2020年以降の温暖化対策の国際枠組み−2013年の交渉動向と2015年の合意期限に向けた課題−
[Title]
Hybrid Approach for Post-2020 International Climate Change Regime- Negotiations in 2013 and Remaining Issues up to the 2015 deadline-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
気候変動枠組条約では、2020年以降の温暖化対策の国際枠組み(以下、新枠組み)を、2015年のCOP21を合意期限として交渉している。2013年には、新枠組みを検討するダーバンプラットフォーム作業部会(ADP)の会合が3回開催された。そこで、2013年に行われたADP会合を総括し、2015年の合意期限に向けた検討課題を論じた。最初の2回の会合では、米国・欧州それぞれの提案が契機となり、「自国の排出削減に関する目標・取組を自国決定する。ただし、決定の前に、目標・取組の草案を事前提示し、草案に対する国際的な協議・評価を行う」というハイブリッドアプローチへの関心が高まった。COP19と同時に開催された3回目の会合では、ハイブリッドアプローチへの合意は得られなかったが、2015年に向けて国内準備を促すべきとの意見が先進国(米国、EU等)と途上国(ブラジル、南アフリカ等)の双方から示された。その結果、「国内準備を開始・加速し、目標・取組の草案を2015年12月のCOP21に十分に先立って(準備が整った国は同年3月までに)提示するように全ての国に招請すること」を決定した。今後の交渉では、ハイブリッドアプローチの採否に加えて、ヽ胴颪料隶討慮平性評価、∈弘朮修諒法、2℃目標の解釈、た系帆箸澆遼‥性格、タ系帆箸澆旅柔要素(特に途上国支援など排出削減以外の要素)が重要な検討課題となる。
[Abstract]
Parties to the UNFCCC are currently engaged in negotiations on post-2020 international climate framework. They are scheduled to agree on a new framework by COP21 in 2015. This report aims to review discussion occurred in 2013 at the Ad-hoc Working Group on Durban Platform for Enhanced Action (ADP), where Parties negotiate a post-2020 framework, and consider remaining issues up to the 2015 deadline. At the first and second meetings of ADP in 2013, hybrid approach, in which Parties will nationally determine their post-2020 mitigation contributions after ex-ante consultation and assessment on their draft contributions, emerged as a promising option for a new framework, since the United States and European Union proposed it. At the third meeting of ADP held, Parties decided to invite all Parties to initiate domestic preparations for post-2020 contributions and communicate draft contributions well in advance of COP21, for those Parties ready to do so by March 2015. However, they were not able to agree on whether or not they will engage in ex-ante consultation and assessment after communication, partly because of opposition by several developing countries, including China and India. In addition to choice of the approaches, the following issues are likely to be crucial at the negotiations in 2014 and 2015: (1)assessment of fairness and adequacy of Parties' draft contributions, (2)a way of differentiation among Parties, (3)interpretation of 2 degrees Celsius goal,(4)legal nature of a post-2020 framework, and (5)elements of a new agreement.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2013
発行年月 [Issued Year / Month]
2014/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

上野 貴弘

社会経済研究所 エネルギー技術評価領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
地球温暖化 Climate Change
ダーバンプラットフォーム Durban Platform
2020年以降の温暖化枠組み Post-2020 Climate Framework
ハイブリッドアプローチ Hybrid Approach
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.