財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y13022
タイトル
欧州におけるスマートメーターの費用便益分析−分析上の課題を踏まえた結果の評価−
[Title]
Issues in Cost-Benefit Analysis of Smart Metering in Europe -Evaluation of the Results from the Methodological Perspective-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
欧州におけるスマートメーターの一斉設置に関する費用便益分析では,多くの国で経済性が認められるとの結果を得ているが,その分析手法とともに結果の詳細を評価したところ,いくつか留意すべき点があることが分かった。欧州の費用便益分析では,設置主体の配電事業者の便益だけでなく,需要家の便益や社会的便益を考慮しており,事業者の便益だけでは経済性が得られない結果も多い。将来のスマートグリッド化の便益を先取りするという考え方が反映されていることもある。一方,スマートメーターの社会的受容性が低いために,実現すべき便益が損なわれるリスクが一部の国で顕在化している。また,省エネによる需要家の便益が大きいとされているが,スマートメーターによる省エネの効果の不確実性の影響は大きく,前提条件のわずかな変化で大きく異なる可能性がある。同様のことは,わが国でも期待されているデマンドレスポンスの便益についても言える。
[Abstract]
The smart meter deployment in Japan is currently planned to be completed by mid-2020s. This report evaluates the results of the cost benefit analyses (CBA) of smart metering in European countries with emphasis on the methodological perspectives. After reviewing the background and the recent status of smart meter roll-outs in Europe, we summarize the results of the recent CBAs of smart metering conducted in major European countries, as well as the European commission's guidelines for CBA of smart meter deployment. Then, we discuss the methodological issues of CBA to evaluate the recent results on cost effectiveness of smart metering. Although most countries indicate that there is a positive case for national roll-out of smart meters, we need to bear in mind that the CBAs for smart meters conducted in Europe are "societal" CBA, which accounts for the benefits to the society as a whole, such as customers' benefit and environmental benefit. We recognize that there are some non-monetary benefits that are assessed qualitatively in CBA, such as facilitating customer switching suppliers and creating value added services, though the impact of these benefits is considered to be small. In addition, we found that while some of the quantifiable benefits, such as energy savings and load shifting by demand response, could have a significant impact on overall economic assessment, small changes in parameters can easily reverse the outcomes. It is important for the Japanese electric utilities to identify key conditions for smart meter roll-out to be cost effective as well as to develop business models to make the best use of the smart metering system.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2013
発行年月 [Issued Year / Month]
2014/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

服部 徹

社会経済研究所 電気事業経営領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
スマートメーター Smart Meter
費用便益分析 Cost-Benefit Analysis
デマンドレスポンス Demand Response
省エネルギー Energy Conservation
スマートグリッド Smart Grid
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.