財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y13024
タイトル
原子力規制体制の制度的課題とその解決策−敦賀発電所敷地内破砕帯問題−
[Title]
Principles on Administrative Implementation of Nuclear Safety Regulations -Case Study of the Investigation Framework by Nuclear Regulation Authority on the Shatter Zones at the Tsuruga Power Station -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
敦賀発電所敷地内破砕帯が「耐震設計上考慮する活断層」にあたるかどうかの評価を巡る、事業者と原子力規制委員会との間の意見対立と法的遣取りは、安全性評価に関して科学的不確実性を内包する事象への規制適用における制度的課題を提起した。すなわち、関連する科学的知見を規制に反映させるための手続の不備、原子力規制委員会内部におけるリスク評価機能とリスク管理機能の未分離、及び行政争訟を通じた救済の困難性である。
本研究は、これら課題を解決するための具体的な法制改革試案として、以下の三つを提案した。
(1)専門技術的判断を行う専門的調査審議組織(有識者会合注 )の判断が後から行われる行政処分に大きな影響を与え、かつその処分が当事者にも大きな影響を与える場合には、組織を法律の下で審議会化又は専門委員化し、法的統制が及ぶようにする。
(2)原子力規制委員会におけるリスク評価とリスク管理の機能的分離を、法令整備を通じて確保する。
(3)専門的調査審議に係る諸手続やルールを、後から行われる行政処分が当事者に与える影響等を勘案しつつ、必要に応じて行政規則化し、それを通じた透明性の確保と行政による自己規律の実効性向上を図る。
[Abstract]
The investigation by experts commissioned by the Nuclear Regulations Authority (NRA) concluded that 'the D-1' shatter zone directly beneath the base mat of the Tsuruga Power Station Unit 2 might be an active fault. According to NRA's interpretation of regulations, an active fault beneath critical facilities alone disables their operations. The administrative procedure of this investigation and conclusion, however, raised three regulatory problems as follows; the deficiency to effectively reflect associated scientific knowledge to envolve, insufficient institutional independence of risk assessment from risk management, and legal difficulty in conducting administrative dispute to enforce administrative remedies.
This report, through analyzing these regulatory problems, proposes the following three regulatory reforms in order to alleviate them.
(1) Reform internal consultative experts committees appointed by the NRA, which are excercizing decisive influences on administrative disposition while without any statutory basis, into a statutory council or a special purpose committee under the Act for Establishement of Nuclear Regulation Authority.
(2) Substantialize institutional separation of risk assessment from risk management in NRA by statutory measures.
(3) Make procedures and rules concerning experts' deliberative judgements into administrative bylaws to the extent necessary to secure accountability and self-regulation in the NRA.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2013
発行年月 [Issued Year / Month]
2014/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

田邉 朋行

社会経済研究所 エネルギー技術評価領域

矢田 聡

企画グループ

菅原 慎悦

社会経済研究所 エネルギー技術評価領域

長野 浩司

社会経済研究所 エネルギー技術評価領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
原子力規制委員会 Nuclear Regulation Authority
行政裁量 Administrative Discretion
原子力安全規制 Nuclear Safety Regulations
敦賀発電所 Tsuruga Power Station
破砕帯 Shatter Zones
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.