財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y13030
タイトル
再生可能エネルギー電源大量連系に対応するアンシラリーサービス型デマンドレスポンスの導入可能性の検討
[Title]
A Study on Possibility of Fast Demand Response Mitigating Grid Balancing Challenges in Japanese Power System with Large-scale Renewable Energy Integration
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
我が国において、再生可能エネルギー電源の大量連系によって電源構成における火力発電設備比率が減少する場合には、電源以外の需給調整力の確保が必要になる可能性がある。本稿では、欧米の一部の電力市場において実用化あるいは実証研究段階にある需要機器制御による需給調整(アンシラリーサービス型デマンドレスポンス(DR), Fast DR)を我が国に導入する際に考慮すべき同DRのメリットとデメリットを整理した。また、米国FastDR研究において需給調整量が大きいとされた上水道・下水道・冷凍冷蔵倉庫・ビル空調をポテンシャル需要家として、我が国における同DRの導入可能性を検討した。検討結果から、これらのポテンシャル需要家は、電力負荷特性や生産プロセスの点から、同DRの調整資源として活用できる可能性があることが分かった。しかし、再生可能エネルギー電源の出力抑制や蓄電池の利用など他の手段と費用便益性や調整ポテンシャル量を比較した上で、アンシラリーサービス型DRの導入可否を判断すべきである。
[Abstract]
According to the national governmental policy, 53GW of photovoltaic generation and 10GW of wind generation are expected to be installed by 2030 in Japan. This high penetration of intermittent renewable energy could raise problems on development and operation of the Japanese power system such like over-generation, shortage of power balancing capability and steep power ramping. In some North American and European power systems with high degree of renewable energy integration, Fast demand response (DR) is expected to help mitigating these grid balancing challenges and is currently being intensively investigated. This report explores the possibility of implementation of Fast DR in the Japanese power system, considering power balancing needs of power system evolution with high degree of renewable energy integration, taking four industrial and commercial sectors, waterworks, sewerage works, refrigerated warehouses and air-conditioning of commercial buildings as potential Fast DR customers. The result shows that, while Fast DR may have the potential of providing the power system with power balancing capability in Japan, further research is needed to clarify and compare the advantages and disadvantages of Fast DR with those of other power balancing options such as thermal power generation, pumping hydro generation, renewable output suppression and battery storage.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2013
発行年月 [Issued Year / Month]
2014/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

高橋 雅仁

社会経済研究所 エネルギー技術評価領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
デマンドレスポンス Demand response
再生可能エネルギー電源 Renewable power generation
アンシラリーサービス Ancillary service
需給調整力 Power balancing capability
ポテンシャル分析 Potential analysis
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.