財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y14005
タイトル
米国における火力発電所CO2排出規制の動向と今後の展開 ―連邦環境保護庁の規制『Clean Power Plan』提案を巡って−
[Title]
Resent developments of the U S regulation on CO2 emissions from thermal power plants - An analysis of the US EPA's proposed Clean Power Plan -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
2014年6月に連邦環境保護庁(Environmental Protection Agency, EPA)が発表した既設火力発電所に対するCO2排出規制案(Clean Power Plan,以下CPP)は,米国の2025年削減目標(2005年比26〜28%削減)を支える施策として注目される.同国の国内温暖化対策および2020年以降のGHGの排出削減目標は,温暖化防止に向けた国際交渉を左右し,2015年の気候変動に関する国際連合枠組条約締約国会議(COP21)に向けて国内の削減目標を検討している日本にも大きな意味を持つ.
本報告は,米国において検討が進められるCPPを排出目標の設定方法とその根拠に注目して概観した上で,削減効果や経済・電力安定供給への影響に関する米国内の見解を整理し,提案実現への課題を論じることを目的とする.
本報告で以下の内容が明らかとなった.
第一に,CPPは法律上は大気浄化法の下で直接の排出源である既設火力発電所の排出規制を行うものと位置づけられるが,EPAによる提案はその範囲を超え,再エネ・原子力・省エネをも考慮した発電部門全体の排出削減を扱う内容になっている.このため,大気浄化法との整合性や,州に対する連邦EPAの権限範囲等が訴訟で争われる可能性が高い.
第二に,2020年までの前半に厳しい目標設定は,主に天然ガスコンバインドサイクル発電(NGCC)の優先ディスパッチによる.これは,国産の天然ガスを増産している米国特有の事情を反映しており,国際資源を持たない日本には適用しがたい.
第三に,CPPの実現には不確定要素があり,訴訟や大統領選挙の行方次第では,CPPにおける削減目標が大幅に緩和され,米国の2025年目標の達成も困難となる可能性がある.
[Abstract]
This report aims to examine the proposed U.S. regulation to reduce carbon dioxide emissions from existing thermal power plants and analyze its potential future developments. In June 2014, the U.S. Environmental Protection Agency (EPA) proposed the new regulation, which it calls Clean Power Plan (CPP), under Clean Air Act (CAA). CPP presented state-wide carbon intensity standards for the thermal power sector, taking into consideration emission reduction potential from (a) improvements of heat rates of coal power plants, (b) prioritized dispatch of natural gas combined cycle power plants (NGCC) over coal power plants, (c) introduction of renewable energy and utilization of at-risk nuclear power plants, and (d) demand-side efficiency. While CPP is based on detailed technical analysis on these potentials by EPA, several exiting studies pointed out potential technical and legal problems on CPP. First, prioritized dispatch of NGCC would significantly accelerate retirement of coal power plants and raise a concern on supply reliability of electricity. Second, costs of demand-side efficiency assumed by EPA seem too small and may lead to underestimation of costs associated with CPP. Third, target setting based on reduction measures outside emissions sources such as (c) and (d) might be inconsistent with CAA which aims to regulate sources. These difficulties have potential to hinder future development of CPP, especially if the Supreme Court finds inconsistency between CAA and CPP or a Republican candidate who is critical of climate policies wins the 2016 presidential election.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2014
発行年月 [Issued Year / Month]
2015/02
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

若林 雅代

社会経済研究所 経済・社会システム領域

上野 貴弘

社会経済研究所 エネルギー技術評価領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
温暖化対策 Climate Change Mitigation
石炭火力発電所 Coal-fired Power Plants
大気浄化法 Clean Air Act
クリーンパワープラン Clean Power Plan
米国 the Unites States
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.