財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y14006
タイトル
電気事業の新規制組織と公正取引委員会の相互関係−英国の事業規制官庁による競争法執行制度を題材に−
[Title]
The Relations between the New Electricity Regulatory Body and the Japan Fair Trade Commission: Lessons from Competition Law Enforcement by the UK Sector Regulators
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
近く日本で設立予定である電気事業の新規制組織(電力市場監視等委員会)による競争規制の在り方、特に公正取引委員会との相互関係について検討するため、
英国の電気事業規制官庁(Ofgem: Office of Gas & Electricity Markets(=ガス電力市場局))の競争法権限、特に競争当局(CMA:Competition & Market Authority(=競争市場庁))との重複をめぐる議論を整理・検討し、主要な論点として以下を明らかにした。
(1)英国では事業規制官庁による競争法執行に対して、各分野の専門的知見の活用などの利点が主張される一方で、行政費用が増加する、規制官庁は競争法の専門性を欠くなどの懸念も指摘されている。日本の新規制組織による公正競争規制の在り方を検討する際にも、総合的な判断が必要である。
(2)英国の事業規制官庁は、競争法と事業法規制の双方が適用可能な事例に対して、原則、競争法の優先適用が義務付けられている。日本では今後、独禁法・電気事業法の優劣関係や、個別事例の判断基準の議論を深め、ガイドライン等へ反映させることが必要である。その際、関連する英国の議論が参考となる。また、従前から独禁法が規制する行為に新たに新規制組織の事業法規制を課せば、不要な二重規制を生むのみならず、確立された独禁法の規制基準が無視されかねないことから、好ましくない。
(3)英国では、競争当局と事業規制官庁の協議により、事件ごとに担当機関が決定され、競争法の重複適用を回避している。日本では、今後、新規制組織設立に伴う規制範囲の拡大や、異業種参入等による競争の複雑化などを契機に、ガイドラインが予期せぬ行為が競争上の課題になり得るため、英国のような個別協議の場の設置も、検討に値する。
[Abstract]
This report explores the recent developments of the competition law enforcement by the UK sector regulators, with an emphasis on the energy regulator (Ofgem). The UK's competition law enforcement in regulated sectors is called as concurrent because its regulators can enforce the law in their respective markets, concurrently with the Competition & Market Authority (CMA). We have examined the UK's concurrent competition law enforcement. Major findings are as follows. First, while the concurrent regime has a set of benefits such as the use of sector-specific expertise in applying competition law, it also has a host of shortcomings such as the regulators' frequent use of sector regulation and non-use of competition law. Therefore, we need a comprehensive evaluation to conclude whether the concurrent regime has been truly successful. Second, the sector regulators and the CMA have a set of rules to avoid a double jeopardy, or the dual application of competition law by both of the two. Third, the UK's regulators utilize both sector regulation and competition law in a complementary way, with a statutory obligation that, in cases both powers are applicable, sector regulators must prioritize the use of the former. Based on the UK experience, we proposed, inter alia, that Japan's new regulator and the Fair Trade Commission have closer dialogue than ever in light of the future complication of competition. We also claimed that the new regulator's oversight should not cover conducts that have been under the Anti-Monopoly scrutiny, such as predatory pricing.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2014
発行年月 [Issued Year / Month]
2015/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

佐藤 佳邦

社会経済研究所 電気事業経営領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
新規制組織 The New Electricity Regulator
競争当局 Competition Authorities
独占禁止法 The Anti-Monopoly Act
重畳的制度 Concurrent Regime
英国 The United Kingdom
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.