財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y14007
タイトル
欧州における競争環境下の原子力発電の維持に資する経済的手法の有効性と課題
[Title]
Evaluation of Financing Methods for Nuclear Power Plants under Competitive Environment in Europe
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本報告では、電力自由化後の欧州における原子力発電の維持に資する経済的手法について評価した。競争環境下で、資本集約的な原子力発電の新増設を促し、既設炉を維持するために、欧州では、原子力事業者が政府や大口需要家と長期契約を結んでいる事例がある。英国では差額精算方式による固定価格買取制度(FIT-CfD)が導入されているが、市場を歪める政府の介入になりうるとの批判があり、野心的な排出削減目標へのコミットメントを前提とした導入であることに留意が必要である。また、フィンランドやフランス、ベルギーなどでは、事業者が一部の大口需要家と長期契約や共同投資契約を結んで原子力発電の資金調達に活用している例がある。しかし、このような長期契約も競争を制限するとの批判への対応や、需要家間の利害調整が必要となる。いずれの手法も問題点は指摘されているが、電力システム改革が進む中で、原子力発電の比率を一定程度維持するために活用できる手段は限られており、当面は、複数の手段の適用可能性を検討するべきである。
[Abstract]
This report evaluates the financing method for nuclear power plants under competitive environment in European electricity market after liberalization. In Europe, there are financing scheme available for nuclear power plants with long-term contracts with government or large industrial customers. In the UK, the Feed-In-Tariff with Contract for Difference (FIT-CfD) with the government was recently introduced to support low-carbon generation including renewable energy sources. The government involvement has been criticized as subsidy for nuclear power plants to distort competition, and strong commitment to the ambitious emission reduction target is presumed to introduce such a scheme. In several other countries including Finland, France and Belgium, the long-term power purchase contract with a group of large industrial customers that may also include joint investment program has been used to help financing nuclear power generators. These schemes allow the customers to draw the power at cost, which is assumed to be relatively cheap than wholesale market prices. However, it may limit the competition in the market by eliminating the opportunity for new entrants. There has been also a criticism that small users are at disadvantages. Although each financing method has its own problem, a combination of these schemes may be necessary, as they complement to each other. In addition, the government is responsible for reducing regulatory risks in the operation of nuclear power plants, as these schemes are only responsible for market risks.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2014
発行年月 [Issued Year / Month]
2015/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

服部 徹

社会経済研究所 電気事業経営領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
原子力発電 Nuclear Power
競争環境 Competitive Environment
自由化 Liberalization
長期契約 Long term Contract
投資 Investment
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.